ソフトバンク コマース&サービス株式会社

プレスリリース 2014年

SoftBank SELECTION、
iPad Air 2の発売に合わせ、専用アクセサリーを発売

2014年10月17日
ソフトバンク コマース&サービス株式会社

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」ブランドより、iPad Air 2(アップル社製)の専用アクセサリーとして、ケース1種類2アイテムと液晶保護フィルム2種類を、同機種の発売にあわせて2014年10月下旬から、SoftBank SELECTION 取扱店およびSoftBank SELECTION オンラインショップで販売を開始します。また、SoftBank SELECTIONオンラインショップでは、本日より予約を開始します。

[注]
  • 一部店舗を除く

iPad Air 2専用アクセサリーラインアップ

製品名 カラー
SoftBank SELECTIONブックスタイルケース レザータッチ for iPad Air 2 ブラック/ブラウン
SoftBank SELECTION高光沢保護フィルム for iPad Air 2
SoftBank SELECTION衝撃吸収 反射防止保護フィルム for iPad Air 2
ビジネス利用に最適な名刺やペンが収納できるブックスタイルケース
ビジネス利用に最適な名刺やペンが収納できるブックスタイルケース
位置合わせが簡単できれいに貼れる保護フィルム
位置合わせが簡単できれいに貼れる保護フィルム

SoftBank SELECTIONブックスタイルケース レザータッチ for iPad Air 2

1. 主な特長

名刺やペンが収納できる、高級感漂うスタンド機能付きケース

  • 名刺ホルダー&ペンホルダー付き
  • 動画鑑賞などに便利なスタンド機能付き
  • ビジネス利用にもなじみやすい手帳スタイル

2. 仕様

カラー ブラック、ブラウン
対応機種 iPad Air 2
素材 PUレザー
サイズ 約179(W)×245(H)×22(D)mm
質量 約293g
製品構成 ブックスタイルケース レザータッチ、クリーニングクロス

3. 販売価格

オープン価格(SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格4,800円(税込み))

4. 発売時期

10月下旬

SoftBank SELECTION高光沢保護フィルム for iPad Air 2

1. 主な特長

画面を美しく映し出す高光沢なのに指紋が目立たない液晶保護フィルム

  • 指紋や汚れ、傷がつきにくいハードコート処理
  • 位置合わせが簡単できれいに貼れるキリトリセパレーター採用

2. 仕様

対応機種 iPad Air 2
素材 PET樹脂
サイズ 約165.2(W)×235.7(H)mm
製品構成 高光沢保護フィルム、クリーニングクロス

3. 販売価格

オープン価格(SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格2,520円(税込み))

4. 発売時期

10月下旬

SoftBank SELECTION衝撃吸収 反射防止保護フィルム for iPad Air 2

1. 主な特長

最高水準の耐衝撃性能、当社従来衝撃吸収フィルムの約1.5倍

  • 薄さわずか約0.4㎜で、衝撃吸収率約80%を実現
  • 指紋や汚れ、傷がつきにくいハードコート処理
  • 位置合わせが簡単できれいに貼れるキリトリセパレーター採用

2. 仕様

対応機種 iPad Air 2
素材 PET樹脂
サイズ 約165.2(W)×235.7(H)mm
製品構成 衝撃吸収 反射防止保護フィルム、クリーニングクロス

3. 販売価格

オープン価格(SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格3,720円(税込み))

4. 発売時期

10月下旬

お問い合わせ先

ソフトバンクセレクションお客様窓口

Tel 0800-111-2247(通話料無料)
E-mail sbsinfo@sbb-support.jp
営業時間 10:00~19:00(年末年始、特定休業日を除く)
  • iPadは、Apple Inc.の商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。