ソフトバンク コマース&サービス株式会社

プレスリリース 2018年

SoftBank SELECTIONの2商品、国際的デザインアワード
「iF Design Award 2018」を受賞

2018年2月15日
ソフトバンク コマース&サービス株式会社

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」ブランドの「端子保護ケーブル with Lightning Connector」と「INVOL Stand for iPhone X」の2商品が、ドイツの国際的な権威のあるデザインアワード、「iF Design Award 2018」を受賞しましたのでお知らせします。

「iF Design Award 2018」は、ドイツのハノーバーにあるデザイン振興のための国際組織「iF International Forum Design GmbH」が、1953年から開催している世界的に最も権威ある賞の一つです。シカゴ・グッドデザイン賞(アメリカ)、レッドドット・デザイン賞(ドイツ)と並ぶ三大デザイン賞として知られ、毎年世界中の商品やサービスがエントリーされており、著名な専門家たちによって優れた工業デザインが選ばれています。

今回受賞した「端子保護ケーブル with Lightning Connector」は、日常生活の中で充電ケーブルのコネクター部分に触れてしまうことで発生する端子の劣化を防ぎ、長期間使用できるように開発した商品です。保護カバーをスプリング形状にすることで、コネクター部分を傷や劣化から保護しながら、カバーを付けたまま充電できる使いやすいデザインとなっています。また、「INVOL Stand for iPhone X」は、ケースの背面自体がスタンドになり、動画視聴やビデオチャットなどに最適なケースです。ケース背面に斜めに入ったブラックのラインを折り曲げることでスタンドになる独自の技術により、スリムなデザインと便利な機能性を両立し、スタンド機能付きケースは厚みがあって持ち運びに不便という従来のイメージを覆すデザインとなっています。

「SoftBank SELECITON」は、「Function = Beauty」をコンセプトに、モバイルと過ごす毎日をより上質なものに変えていく、美しさと機能性を追求したスマートフォンアクセサリーのトータルブランドです。また、オリジナルケースブランドである「INVOL」は、日常を快適にする便利な機能をプラスし、デザイン性と機能性を両立した商品を展開しています。今後も、デザイン性と機能性を併せ持つ、確かな品質のアクセサリーを展開することで、お客さまのモバイルライフをより豊かにしていきます。

【受賞商品】

SoftBank SELECTION 端子保護ケーブル with Lightning Connector

  • 保護カバー付きで傷や劣化による故障、充電の不具合を軽減
  • スプリング形状で、保護カバーを付けたまま充電できる使い勝手の良いデザイン

SoftBank SELECTION 端子保護ケーブル with Lightning Connector

SoftBank SELECTION INVOL Stand for iPhone X

  • 折り曲げ式のスタンド機構を採用。余計なパーツを排除したスリムなデザインを実現
  • ケース側面にはしなやかで弾力性があるTPUを使用し、手触りが良く滑りにくい

SoftBank SELECTION INVOL Stand for iPhone X

これまでのアワード受賞歴は、SoftBank SELECTIONのウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせ先

ソフトバンクセレクションお客様窓口

Tel 0800-111-2247(通話料無料)
E-mail sbsinfo@sbb-support.jp
営業時間 10:00~19:00(年末年始、特定休業日を除く)
  • TM and © 2018 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleのロゴ、iPhoneはApple Inc.の商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。