SBドライブ株式会社

プレスリリース 2016年

浜松市とSBドライブ、スズキ、遠州鉄道が連携協定を締結

2016年9月5日
SBドライブ株式会社

浜松市とSBドライブ株式会社、スズキ株式会社、遠州鉄道株式会社(以下「4者」)は、浜松市において自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化による地域住民の移動の利便性の向上を図ることを目的に、スマートモビリティーに関する連携協定を2016年9月5日に締結し、相互に連携した取り組みを開始しましたのでお知らせします。

連携協定の概要

1. 目的

この協定は、4者が相互に緊密に連携することにより、利用可能な資源を有効に活用した協働による活動を推進し、地域住民の移動の利便性の向上など、地域公共交通の課題を解決し、地域および産業の振興と次世代モビリティーサービスの創出に資することが可能な、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化を浜松市において図ることを目的とします。

2. 連携事項

4者は目的を達成するため、下記の事項について連携して取り組みます。

  • スマートモビリティーサービスの企画、開発に関すること
  • スマートモビリティーサービスの事業化に向けた環境整備に関すること
  • その他、上記事項の目的を達成するために必要な取り組みに関すること

以上

SBドライブ会社概要

社名 SBドライブ株式会社
設立日 2016年4月1日
代表者 代表取締役社長/CEO 佐治 友基
所在地 東京都港区東新橋1-9-1
株主 ソフトバンク株式会社、先進モビリティ株式会社
事業内容
  • 自動運転技術の導入・運用に関するコンサルティング
  • 旅客物流に関するモビリティーサービスの開発・運営
URL http://www.softbank.jp/drive/
  • この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。