SBイノベンチャー株式会社

プレスリリース 2019年

日本の食品メーカーと海外の食品バイヤーをつなぐ
日本食輸出支援プラットフォーム「umamill」を提供開始~日本の食品メーカーの輸出機会の創出と、
海外の食品バイヤーの商品ラインアップの拡充を推進~

2019年3月25日
SBイノベンチャー株式会社

ソフトバンク株式会社の子会社で、新規事業を手掛けるSBイノベンチャー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:青野 史寛、以下「SBイノベンチャー」)は、日本の食品メーカーや生産者(以下「日本の食品メーカー」)と海外の食品商社や飲食店、小売店など(以下「海外の食品バイヤー」)をつなぐ日本食輸出支援プラットフォーム「umamill(ウマミル)」の提供を、2019年3月25日から開始します。

「umamill」は、海外の食品バイヤーに日本の食品メーカーのサンプル品を届けることで、日本の食品メーカーの輸出機会の創出と、海外の食品バイヤーの商品ラインアップの拡充を推進することを目的としたプラットフォームで、「日本の全ての食品メーカーが輸出に挑戦できる場をつくる」をコンセプトにしています。日本の食品メーカーは、自社の商品情報や画像を「umamill」に無料で掲載することができ、海外の食品バイヤーは「umamill」で商品を購入する前に、各食品メーカーからサンプル品を無料で取り寄せることができます。海外への輸送とそれに関わる手続きなどはSBイノベンチャーが代行するため、日本の食品メーカーは国内のバイヤーとの取引と同様の手続きで商品を海外に輸出することが可能です。

さらに、海外の食品バイヤーからの問い合わせや依頼にSBイノベンチャーが対応するため、日本の食品メーカーは海外の食品バイヤーと英語などでやり取りをする必要がありません。また、通常日本企業が自社商品を初めて輸出する場合、法的条件の確認から必要な手続き、商品ごとの需要調査、販路の開拓、商談、商品の輸送までの煩雑なプロセスへの対応が必要となり、膨大な手間とコストがかかりますが、これらの一連のプロセスを一つのプラットフォームで完結できる「umamill」を利用することにより、輸出完了までの全てのプロセスにかかるコストを、「umamill」を利用しない場合と比較して約10分の1以下に抑えることが可能です(SBイノベンチャー調べ)。SBイノベンチャーは、食品の輸出に必要な知見、取引先とのコミュニケーション、関連費用などの課題を「umamill」を通して解決します。

日本政府は、世界中で高まりつつある日本食への需要を背景に、食市場の拡大が見込まれる諸外国に日本食の基軸となる食品・食材を輸出することで、2019年中に農林水産物・食品の輸出総額を1兆円、2030年に5兆円とする目標を掲げています。「umamill」は、これまで特定の地域・国のみで流通していた日本の食品・食材の販路と輸出量の拡大に貢献し、グローバルでの流通を促進することを目標としています。まずシンガポールの食品バイヤーに「umamill」のプラットフォームへ登録していただき、日本の食品メーカーにシンガポールへの輸出機会を提供します。今後はその他の国の食品バイヤーにも順次登録していただく予定です。

なお、「umamill」は、ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から生まれたサービスです。SBイノベンチャーは、今後「umamill」の運営を、4月1日に設立する「umamill株式会社」へ移管する予定です。

[注]
  • 日本の食品メーカーと海外の食品バイヤーは、事前に「umamill」への登録(無料)が必要で、海外の食品バイヤーの登録は招待制です。日本の食品メーカーは、海外の食品バイヤーへ月に2回までサンプル品を送付でき、1回の輸送につき1万円(税抜き)がかかります(サンプル品の費用は各食品メーカーが負担)。サンプル品の重量が5kgまたは容量が2万5,000cm³を超える場合は、追加料金がかかります。複数バイヤーへの輸送または複数のサンプル品の輸送については、1回に輸送するサンプル品の合計が前述の範囲内であれば、追加料金はかかりません。

商品情報・画像の掲載イメージ

商品情報・画像の掲載イメージ

「umamill」での取引の流れ

「umamill」での取引の流れ

  1. 日本の食品メーカーが「umamill」に商品情報や画像を掲載します。
  2. 海外の食品バイヤーが日本の食品メーカーからサンプル品を取り寄せます。
  3. SBイノベンチャーが海外へのサンプル品の輸送と、それに関わる手続きを代行します。
  4. 海外の食品バイヤーがサンプル品の評価を「umamill」に登録します。
  5. SBイノベンチャーが日本の食品メーカーと海外の食品バイヤーの商談を仲介し、海外の食品バイヤーからの問い合わせ対応や、取引条件に関する交渉を行います。
  6. 海外の食品バイヤーがSBイノベンチャーに商品を発注します。
  7. SBイノベンチャーが日本の食品メーカーから該当商品を買い取り、海外の食品バイヤーへの販売および輸送と、それに関わる手続きを代行します。
[注]
  • 現時点で「umamill」で取り扱うのは、加工食品のみです。また、各国の輸入規制により、加工食品でも取り扱えない場合があります。

「umamill」の詳細は、こちらをご覧ください。

「umamill」に関する問い合わせ先

「umamill」サービスサイトURL

ソフトバンクイノベンチャーについて

新しい価値、サービスが次々と生まれる企業風土の醸成を目的に、ソフトバンクグループがグループ企業の社員を対象に、2011年度から開始した新規事業提案制度です。経営理念の「情報革命で人々を幸せに」を軸に、自由なテーマで事業アイデアを募り、複数回の審査を経て、事業化を検討する案件を決定します。審査を通過した案件の事業化は、提案者が主体となって推進します。ソフトバンクグループでは、今後も従業員の積極的な新規事業提案を奨励し、チャレンジングな企業風土づくりを推進していきます。詳細はこちらをご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。