日本テレコムホールディングス、2003年3月期決算を発表 - 1

2003年5月27日

連結業績は上方修正予想を上回る好決算

日本テレコムホールディングス株式会社(以下、日本テレコムホールディングス)(東証:9434)は本日、2003年3月期(2002年4月1日~2003年3月31日)の決算を発表しました。連結ベースでは売上高、利益、利益率ともに直近の上方修正予想を更に上回る好決算となりました。
連結売上高は前年度比5.5%増の1兆7,969億円、経常利益は前年度比3倍強の2,718億円となりました。当期利益は795億円と、前年度の659億円の純損失から大きく改善しました。1株当り利益は24,855円でした。なお、当社は2002年11月12日の中間決算発表時に連結業績予想を上方修正しましたが、その修正予想値に対し、売上高は1.5%、営業利益は11%、当期利益は22%上回る好調な業績となりました。

日本テレコムホールディングスのウィリアム・モロー社長は次のように述べています。「2003年3月期の業績をみていただければ、当社が過去18カ月間にわたり競争力強化を目指して実施してきた経営改善策や組織活性化のための諸施策が実を結んだことがおわかりいただけると思います。コスト管理の強化、ノンコア事業の売却、さらに移動体および固定通信事業における事業効率の改善が効果をあげ、利益率も大きく改善しました。これは全従業員の努力の賜物であり、日本テレコムグループは今後も一段と競争激化するであろう通信業界において競争優位を確保することができます」。

J-フォン株式会社(以下、「J-フォン」)のダリル E.グリーン社長は次のように述べています。 「私どもJ-フォンは、競合状況が一層厳しくなる携帯電話市場においても、今期、好成績を収める事ができました。常に先進的な商品やサービスをお客様に提供していくことで、安定的な利益を確保し、同時に市場シェアも拡大いたしました。また、全社的なコスト構造改革を推進することによって、EBITDAマージンを前年度比で9%ポイントあまり上昇させることができました。私どもは2002年12月、世界的な携帯電話ネットワークとの互換性を実現するため、3GPP標準に完全準拠した次世代携帯電話サービス「ボーダフォン グローバル スタンダード」を世界で初めて提供いたしました。これは、J-フォンにとって新たな歴史の一ページです。技術革新を絶えず追及し、お客様のライフスタイルをより豊かにしようとする企業精神は、J-フォンのJ-フォンたる所以であって、私どもは今後もこのチャレンジスピリットを忘れず、常に世界の携帯電話市場をリードしていきたいと考えています。」

連結概要

(単位:10億円、1株当り中間利益/損失を除く)
  2003年3月期 2002年3月期 前年同期比(%)
売上高 1,797 1,704 5.5%
経常利益 272 74 267.2%
中間純利益(損失) 79.5 (65.9) -
1株当り中間純利益(損失)(円) 24,855 (20,646) -