お知らせ 2018年

ICTを活用して障がい児の学習・生活支援を行う
「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」
全国セミナー開催のお知らせ~全国4カ所で、プロジェクト協力校のロボット活用事例などを紹介~

2018年6月19日
ソフトバンク株式会社
株式会社エデュアス

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙)とソフトバンクグループで教育事業を行う株式会社エデュアス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、東京大学先端科学技術研究センター(所在地:東京都目黒区、所長:神崎 亮平)と、人型ロボット「Pepper」※1や携帯情報端末などを活用して障がい児※2の学習・生活支援を行う事例研究プロジェクト「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」協力校※3の取り組み事例などを紹介するセミナーを、2018年7月から8月にかけて全国4カ所で開催します。また、6月19日から本セミナーの参加申し込みの受け付けを開始します。

本セミナーでは「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」協力校の先生と、これまでのプロジェクト※4での実績をもとに認定された、より質の高い支援を実践できる先生「魔法のティーチャー」がロボットや携帯情報端末の活用事例を発表します。また、東京大学先端科学技術研究センター 中邑 賢龍教授が、ICTの活用により障がいのある子どもたちが抱える学びや生活場面での困難をどのように解消できるかをテーマにした講演を行う予定です。

「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」全国セミナーについて

1. 主催

ソフトバンク株式会社、株式会社エデュアス、東京大学先端科学技術研究センター

2. 協力

「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」協力校

3. 開催スケジュール

7月28日(土) 東京都 東京大学先端科学技術研究センター 3号館南棟 ENEOSホール
8月10日(金) 宮城県 宮城教育大学 2号館(後援:仙台市教育委員会)
8月19日(日) 大阪府 大阪医科大学 看護学部講堂(共催:大阪医科大学LDセンター)
8月25日(土) 福岡県 毎日西部会館 9F中ホール(後援:北九州市教育委員会)

4. セミナー参加対象者

特別支援教育関係者・保護者の皆さまをはじめ、どなたでもご参加いただけます。

5. お申し込み

6月19日から受け付けを開始します。セミナーの内容に関する詳細とお申し込み方法は、「魔法のプロジェクト」ウェブサイトでご案内しています。

「魔法のプロジェクト」ウェブサイト

「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」について

障がい児の学習・生活支援を促進することを目的に、特別支援学校などにタブレットやロボットなどを一定期間無償で貸し出し、校内での学習の場や校外での生活の場で活用してもらい、その具体的な事例を研究・公開しています。2018年4月から2019年3月末までの1年間、特別支援学校、特別支援学級および通常学級など63団体に合計136台のタブレットやスマートフォン、ロボットを貸し出し、所属する児童・生徒などと教員・特別支援教育の分野で臨床研究を行う大学生または大学院生を2人1組にした68組が事例研究を行っています。

[注]
  • TM and © 2018 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleのロゴ、iPadはApple Inc.の商標です。