プレスリリース 2007年

「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)の
更なる普及啓発に向けた取組み

(1) 青少年における「有害サイトアクセス制限サービス」
(以下「フィルタリングサービス」)の導入促進活動の強化

1)新規契約者に対する取組み

未成年者が利用する旨の申出があった場合は、親権者から不要の申告があった場合を除き、フィルタリングサービスを設定します。

2)既存契約者に対する取組み

フィルタリングサービスを利用していない18歳未満の既存契約者に対し、十分な周知を実施し、親権者から不要の申告があった場合を除き、フィルタリングサービスを設定する等の対応を行います。

また、その他の既存契約者に対しても、申出に基づき、利用者が18歳未満であることが確認された場合は、不要の申告があった場合を除きフィルタリングサービスを設定します。

3)販売店等への指導の徹底

1)及び2)の取組みを確実に実施するよう、販売店等での対応の徹底を図ります。

(2) フィルタリングサービスの周知啓発の強化

(1)の取組みにあわせて効果的な周知・啓発を図っていくこととします。

(3) フィルタリングサービス利用者数の定期的な公表および評価の実施

TCAよりフィルタリングサービスの利用者数を定期的に公表の上、必要に応じて業界として施策の検討を行います。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。