プレスリリース 2008年

ルックJTBのお客さま向け
「ルックJTB たびケータイ」を開発

2008年1月17日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、株式会社JTBワールドバケーションズ(本社:東京都品川区、社長:北島 文幸)と共同で、海外渡航者向け専用アプリケーションソフトを搭載した「ルックJTB たびケータイ」を開発しました。「ルックJTB たびケータイ」は、株式会社JTBワールドバケーションズから2008年4月1日(火)よりルックJTBのお客さま向けの携帯電話レンタルサービスとして提供されます。

「ルックJTB たびケータイ」は、個性的なカラーと使いやすさが人気の「SoftBank 812SH」をベースに、海外滞在中に何でも相談できるコールセンターの電話番号があらかじめ登録されている「べんり電話帳」や、グルメ情報やスパ(温泉施設)情報などが閲覧可能な「ガイドブック」機能、簡単な操作で写真付きメールを送信できる「かんたん写メール」機能、渡航先の現地通貨を簡単に日本円に換算できる「通貨換算」機能、旅行先の現地時刻と日本時刻を簡単に確認できる「世界時計」機能など、「ルックJTB たびケータイ」ならではの機能やサービスに対応した、海外渡航者向けレンタル用携帯電話です。

「ルックJTB たびケータイ」の登場により、ルックJTBのお客さまとルックJTBとの間で相互の情報交換が可能となります。2008年、「ルックJTB たびケータイ」が旅の楽しさ、可能性を広げます。

また、「ルックJTB たびケータイ」は、専用アプリケーションソフトを改修することで機能のバージョンアップを容易に行えることから、お客さまのニーズに合ったサービスの提供が可能です。ソフトバンクモバイルは、海外渡航者の利便性および満足度向上に向け、今後も「ルックJTB たびケータイ」の拡充に協力してまいります。

以上

  • * 写メールは、ソフトバンクモバイル株式会社の登録商標です。
  • * SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。