プレスリリース 2010年

ソフトバンクモバイルとオリックス自動車が業務提携 ~4月1日よりカーシェアリング分野で協業開始~

2010年3月29日
ソフトバンクモバイル株式会社
オリックス自動車株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)とオリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:三谷 英司)は、携帯電話販売事業およびカーシェアリング分野において、業務提携しましたのでお知らせします。

ソフトバンクモバイルは、2010年4月1日から関東エリアのソフトバンクショップ7店舗※1にて、オリックス カーシェアリングの会員獲得に向けた入会キャンペーンの告知や申込案内を行います。将来的には、カーシェアリング展開エリアへの順次拡大、ならびに駐車場保有ショップにおけるカーシェアリング車両設置も検討します。
また、今回のキャンペーンにおいて、ソフトバンク携帯電話ユーザーにはオリックス カーシェアリング入会特典を、オリックス カーシェアリング会員にはカーシェアリング説明会場※2にてソフトバンク携帯電話の新規契約時の特典をご提供することで、ソフトバンク携帯電話ユーザーとオリックス カーシェアリング会員、双方の拡大を図ります。

オリックス自動車では、2月17日に発表した国内初となるカーシェアリングiPhone™アプリを、App Storeにて3月26日より無料公開しました。同アプリを活用することにより、オリックス カーシェアリング会員の利便性は飛躍的に向上するものと考えています。
また、5月からはiPhone向け車載器をオリックス カーシェアリング車両ならびにオリックスのレンタカー車両へ順次導入することにより※3、iPhoneユーザーは、好きな音楽などのコンテンツを持ち込め、快適にドライブを楽しむことができます。

今後も両社は「最先端IT技術」と「新しいカーライフ」の融合をテーマに、オリックス自動車のリテール事業であるレンタカーおよびマイカーリースの分野においても、お互いの強みを生かした新たな取り組みを実施していきます。

以上

[注]
  • ※1対象店舗:表参道、渋谷、六本木、八重洲中央口、横浜 ザ・ダイヤモンド、千葉中央、大宮中央
  • ※2対象説明会場:丸の内、京都、名古屋、大阪
  • ※3カーシェアリング車両は軽自動車を除く全車、レンタカー車両は首都圏および沖縄から順次導入予定
  • *iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *iPhoneは単独の通信業者のサービスでのみお使いいただけるよう設定されている場合があります。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。