プレスリリース 2010年

モバイルブラウザの機能拡張について

2010年5月18日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、より多彩なコンテンツを携帯電話でお楽しみいただくため、2010年6月中旬以降発売の機種より、モバイルブラウザの機能を拡張し、大容量化・高機能化に順次対応していきます。

1. 主な特長

(1)ブラウザの大容量化

ウェブページの読み込みサイズを300KBから500KBに拡大します。これにより、Flash®に対応したページなど、より表現力豊かでリッチなコンテンツが携帯電話で楽しめるようになります。

(2)FLV(Flash Video)への対応

ウェブページ内でのFlash動画の再生(FLV)に対応し、よりリッチなコンテンツの視聴が可能になります。

(3)マルチウインドウ対応

タブブラウザを搭載し、複数のページを切り替えながら閲覧することができます。

[注]
  • 一部の機種では既に対応済となります。

2. 対応機種(順次拡大予定)

944SH、945SH、945SH G

なお、本モバイルブラウザ対応のコンテンツ制作に関わる技術情報は、コンテンツ制作者向けサイト「モバイルクリエイション」にて、ご覧いただけます。

[注]
  • 2010年5月21日より順次掲載

ソフトバンクモバイルでは、携帯電話でより快適にコンテンツをご利用いただくため、本モバイルブラウザの標準化を進めてまいります。

  • *FlashはAdobe Systems Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。