プレスリリース 2010年

ソフトバンクグループ通信3社
サイバー大学の社会人学生を対象に、入社選考プロセスを優遇する
「サイバー大学就職支援制度」を実施

2010年12月2日
ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンクBB株式会社
ソフトバンクテレコム株式会社
サイバー大学

ソフトバンクグループ通信3社(ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、所在地:東京都港区、代表:孫 正義)は2010年12月2日、ソフトバンクグループのインターネット大学「サイバー大学」(所在地:福岡市東区、学長:吉村 作治)IT総合学部に在学する社会人学生を対象に、2011年度から中途入社の選考プロセスを一部優遇する「サイバー大学就職支援制度」の実施を決定しました。本プログラムにより、サイバー大学卒業後にソフトバンクグループ通信3社への就職または転職を希望する社会人学生は、入社選考の過程において書類選考が省略され、1次面接試験に進むことができます。

「サイバー大学就職支援制度」は、サイバー大学IT総合学部が輩出する「最先端の情報技術を総合的に捉え、時代と社会、企業や組織が必要としている実践的な知識を修得した人材」をソフトバンクグループ通信3社が高く評価したことで実現した制度です。サイバー大学がソフトバンクグループの大学であるメリットを最大限に生かすとともに、ソフトバンクグループ入社後に即戦力として活躍できうる人材の採用を目的としています。

本プログラムの応募資格は、成績基準(GPA:3.5以上)を満たしている卒業見込みの学生で、サイバー大学は毎年1月(3月卒業者対象)と7月(9月卒業者対象)の年2回希望者を募ります。希望者は、卒業研究担当教員の推薦を受けた後、学生主任の面談によって成績基準・人物評価基準に基づく学内選考を受けます。学内選考に通過した学生は、IT総合学部長名でソフトバンクグループ通信3社に推薦され、入社試験において書類選考をスキップし、1次面接試験に進むことができます。

なお、本制度は入社選考プロセスを優遇するものであり、ソフトバンクグループ通信3社の採用選考基準は緩和されません。また、ソフトバンクグループ通信3社への入社および希望職種での採用を確約するものではございません。

ソフトバンクグループ通信3社とサイバー大学は、今後も優秀な人材をビジネスの現場に挑戦する機会を積極的に提供し、社会に貢献してまいります。

以上

[注]
  • GPA(Grade Point Average):各科目の成績から算出した学生の成績評価値。

選考プロセス

選考プロセス

注意事項

本制度は入社選考プロセスを優遇するものであり、ソフトバンクグループ通信3社の採用選考基準は緩和されません。また、ソフトバンクグループ通信3社への入社および希望職種での採用を確約するものではございません。

  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。