プレスリリース 2010年

山陽新幹線姫路~岡山県境間トンネル内における
携帯電話のサービスエリア拡大について

2010年12月20日
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田 隆持)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司)及びソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:孫 正義)は、山陽新幹線トンネル内における通話品質の改善を目的に、西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:佐々木 隆之)と共同でエリア整備を進めており、この度準備が整いましたので、山陽新幹線の姫路~岡山県境間の14のトンネルにおいてサービスエリアを拡大いたします。

今後も、サービスエリアの拡大や品質改善ならびにお客さまがよりご利用しやすい環境の整備を進めていきます。

1. サービスエリア化実施予定日

2010年12月22日(水)

2. 拡大サービスエリア

姫路~岡山県境間の以下のトンネル内
西庄トンネル、京見山トンネル、檀特山トンネル、立岡山トンネル、黍田トンネル、第1原トンネル、第2原トンネル、第3原トンネル、那波野トンネル、宮山トンネル、相生トンネル、赤穂トンネル、大津トンネル、帆坂トンネルの一部

3. サービス提供事業者

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

[注]
  • mova端末のみご利用いただけません。

KDDI株式会社

[注]
  • 一部ご利用できない機種がございます。詳しい機種についてはこちらをご覧ください。

ソフトバンクモバイル株式会社

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。