プレスリリース 2016年

災害時の重要施設に係る
情報共有に関する覚書を石油連盟と締結~大規模災害発生時の継続的なサービス提供のために~

2016年4月4日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、政府を通じた災害時の石油の緊急供給要請において、石油連盟の会員会社である石油元売会社から、ソフトバンクの通信サービスを継続的に提供する上で重要な施設に対する石油供給を円滑に遂行することを目的に、重要施設に係る情報共有に関する覚書をこのたび締結しました。

このたびの覚書の締結により、ソフトバンクは石油連盟との情報共有・連携をより深め、大規模災害時においても通信サービスを継続的に提供する体制の強化に備えていきます。

[注]
  • 石油の緊急供給は「石油の備蓄の確保等に関する法律」にて定められた、「災害時石油供給連携計画」に基づいて実施されます。

石油連盟(会長:木村 康 JXホールディングス株式会社 代表取締役会長、所在地:東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館ビル17階)について

石油精製・元売会社の団体として創立され、現在14社の会員会社で構成されている基幹的産業団体です。
石油産業が直面する内外の諸問題について公正・率直な意見をまとめ、問題の解決を促進し、社会的な調和をもとに石油の安定供給を維持し、石油産業の健全な発達をはかることを目的に事業を行っています。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。