プレスリリース 2016年

JR東日本グループの株式会社ジェイアール東日本企画が
交通系ICカードに対応した交通費精算サービスを公式に提供
交通費精算クラウドサービス
「transit manager」を10月1日より提供開始

2016年9月27日
株式会社ジェイアール東日本企画
JR東日本メカトロニクス株式会社
ソフトバンク株式会社
株式会社ビーマップ

transit manager

株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原口 宰)は、2016年10月1日からSuica等の交通系ICカードに対応した交通費精算サービス「transit manager(トランジット・マネージャー)」の提供を開始いたします。本サービスは、JR東日本メカトロニクス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:椎橋 章夫)・ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙)・株式会社ビーマップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉野 文則)と連携して展開いたします。

本サービスは、Suica等の交通系ICカードを用いて乗車した鉄道やバスなどの利用実績から、交通費として申請するデータを選択して集計する業務用ソリューションです。本サービスの利用者は、業務で利用した交通系ICカードを、オフィスに設置した端末や、PaSoRi(ソニー社製非接触ICカードリーダー/ライター)、あるいはNFC対応スマートフォン等の対応機器にかざすことで、ICカード内の利用実績データをクラウド環境で管理・操作できるようになります。クラウド環境で提供されるユーザー専用ページにログインすると、利用実績を業務用と私用に区分し、必要なコメントを付記することで申請データを作成できます。作成された申請データは、PDF形式で出力してそのまま印刷できるほか、CSV形式で出力したり、業務システム連携用のインターフェイスから取得も可能ですので、交通費精算に関する申請者の作業効率化と、経理担当者の省力化が期待できます。

1)サービスの特徴

  • 交通系ICカードの履歴による正確な乗車区間と運賃のデータをご利用いただけます
  • 全国相互利用の交通系ICカードに公式に対応しています
  • 交通系ICカードに対応した全国の鉄道駅とバス事業者に対応しています
  • 新駅開業や駅名変更などの駅情報の更新にも対応していきます
  • モバイルSuicaにも対応し、ご利用のお客さまはスマートフォン上での操作が可能です

ご利用可能な交通系ICカード

モバイルSuicaならさらに簡単・便利

モバイルSuicaがインストールされているAndroid™ 搭載スマートフォンであれば、カードをかざすことなく、直接データの取得が出来ます。

2)ご利用可能な交通系ICカード

ご利用可能な交通系ICカード

全国相互利用の10種類の交通系ICカードに加えて仙台エリアでご利用可能な「icsca」にも対応いたします。

3)クラウドサービスの機能

主な機能と提供デバイス WEBブラウザ Android 向けアプリ Windowsアプリ 専用端末 API
管理者機能 従業員の登録
利用実績の確認
申請の差し戻し
申請データの参照
申請データの取得
従業員機能 カードの登録
データの読込
申請データの選択操作
申請操作
申請データの参照
申請データの取得 PDF/CSV CSV/JSON
対応ハードウェア PCやタブレットなど NFC対応 Android スマートフォン PaSoRi NFC対応専用端末

4)サービスの提供形態

お申し込み後、すぐにご利用いただける「Standard」プランと、既存の業務システム等と連携が可能なAPIを提供する「Professional」プランの2種類をご用意いたします。

提供機能 プラン 備考
Standard Professional
WEBブラウザ 必要な機器類につきましては、お客さまにて別途ご用意をお願いします。
Android 向けアプリ
Windowsアプリ オプション オプション
専用端末 オプション オプション
API

今後も、交通系ICカードを活用したよりスマートな社会環境を目指して、安心で便利なソリューションの提供に向けて取り組んでまいります。

「transit manager」についての詳細はこちらのURLをご参照ください。

本サービスの導入に関するお問い合わせ

ソフトバンク株式会社

部署 法人事業戦略本部 鉄道事業室
Mail SBTMGRP-TM-contact@g.softbank.co.jp
  • JR北海道 Kitaca利用承認第5号 / JR東日本 Suica利用承認第107号(株式会社ジェイアール東日本企画 許諾) / 株式会社パスモ 商標利用許諾済第23号 / JR東海 TOICA利用承認第2号 / 株式会社名古屋交通開発機構 商標利用許諾 第12-029号 / 株式会社エムアイシー 商標利用許諾済 第6号 / JR西日本 ICOCA利用許諾済 / 株式会社スルッとKANSAI 商標使用許諾済 / JR九州 SUGOCA利用承認第24号 / 株式会社ニモカ nimoca利用承認第1号 / 福岡市交通局 はやかけん利用許諾済 / 仙台市 icsca許諾済
  • この許諾や記載の商標は、ICカード発行事業者が本商品、サービスの内容・品質を保証するものではありません。
  • 本サービスで使用する端末からは、個人を特定できる情報は取得致しません。
  • 本サービスで使用する端末では、ICカードへのデータ書き込みは一切行いません。
  • 本サービスで使用する端末にタッチしてもICカードの残高は一切引き落とされません。
  • ICカードの更新またはICカード発行事業者の都合により、予告なくICカードが交換されることがあります。この場合、本商品・サービスを継続して利用することはできません。その際の継続方法については株式会社ジェイアール東日本企画にお問い合わせ下さい。PiTaPaエリア内でのPiTaPaご利用分は、本サービスの対象外となります。
  • 「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。「PASMO」は株式会社パスモの登録商標です。「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。「manaca(マナカ)」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。「PiTaPa」は株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。「nimoca」は西日本鉄道株式会社の登録商標です。「はやかけん」は福岡市交通局の登録商標です。「icsca」は仙台市の登録商標です。
  • Android はGoogle Inc. の商標または登録商標です。
  • Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

参考資料

スマートフォンでの利用イメージ

スマートフォンでの利用イメージ

ブラウザでのサービス画面イメージ

ブラウザでのサービス画面イメージ

交通系ICカード読み込み用機器イメージ

交通系ICカード読み込み用機器イメージ

  • PaSoRi(パソリ)はソニー株式会社の登録商標です。
  • パソリの情報についてはソニー株式会社のホームページをご覧下さい。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。