プレスリリース 2018年

ロボットの遠隔操作における5Gの活用に向けた
実証実験について~さまざまな用途のロボットに対して5Gを活用した遠隔操作の有用性を検証~

2018年3月28日
ソフトバンク株式会社
アスラテック株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)とソフトバンクグループでロボット・ソフトウエア事業を行うアスラテック株式会社(以下「アスラテック」)は共同で、第5世代移動通信システム(以下「5G」)を活用してロボットを遠隔操作する実証実験を2018年3月18日に開始しました。この実証実験は、5Gなどのトライアル環境を提供し、さまざまな企業との新たなソリューションやサービス、プロダクトの共創を目指すソフトバンクのプロジェクト「5G×IoT Studio」の一環として実施するものです。

実証実験では、アスラテックのロボット制御システム「V-Sido(ブシドー)」を使用し、5Gネットワークの試験環境でロボットを遠隔から操縦します。V-Sidoは、大きさや形状、用途を問わず、多様なロボットに対応しているため、さまざまなロボットに対する5Gの有用性を検証することが可能です。ロボットの5Gネットワークへの接続には、インターネット経由でロボットの遠隔操作を可能にするアスラテックの遠隔ロボットコントローラー「V-Sido WebConnect(ブシドー・ウェブコネクト)」を使用します。

3月18日に実施した実験では、ソフトバンクが華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)と協力して東京・赤坂エリアで構築した5G環境において、ヒューマノイドロボットへの遠隔からの接続や操作、5Gの超低遅延通信による動作を検証しました。今後は、アーム型ロボットや受付ロボット、建設機械の操縦ロボットなどさまざまなロボットで5Gを活用した遠隔操作を検証し、ロボットにおける5Gの幅広い有用性を実証していく予定です。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。