ソフトバンクロボティクス株式会社

プレスリリース 2015年

PepperがMM総研大賞2015の大賞を受賞

2015年6月15日
ソフトバンクロボティクス株式会社

ソフトバンクロボティクス株式会社は、MM総研(所在地:東京都港区、代表取締役所長:中島 洋)の主催する「MM総研大賞2015」において、今夏に一般発売を予定している感情認識パーソナルロボット「Pepper」が、大賞を受賞しましたのでお知らせします。

この「MM総研大賞」はICT分野の市場、産業の発展を促すきっかけとなることを目的に、MM総研が2004年に創設した表彰制度です。2015年度の今回は12回目の主催となり、優れたICT技術で積極的に新市場の開拓に取り組んでいる企業を表彰するものです。「Pepper」は、人型のコミュニケーション機能を持ったスマート・ロボットが一般家庭にも浸透し始める「ロボット元年」を代表するものだけでなく、今後ビジネスシーンでの利用拡大にも期待できる点などが高く評価され、話題賞を受賞しました。また、このたび賞を受賞した全14商品の中で、最高の評価に値すると判断され、MM総研大賞2015の大賞に選出されました。

ソフトバンクロボティクスは、「Pepper」の開発をはじめとするロボット事業の一層の推進と、優れたロボットの普及を目指してまいります。

MM総研のプレスリリースは以下をご覧ください。
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120150615500

MM総研大賞「大賞 兼 話題賞受賞」ロゴ

MM総研大賞「大賞 兼 話題賞受賞」ロゴ

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。