プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2013年

ソフトバンクテレコムとGoogle
企業向けクラウドサービスにおける提携を拡大~Google エンタープライズの全製品セグメントの販売を開始~

2013年10月15日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、Google エンタープライズの全製品セグメントにおける製品とそれらをベースにした企業向けのソリューションサービスの販売を2013年度中に開始します。これにより、ソフトバンクテレコムは日本で唯一のGoogle エンタープライズ全製品セグメントのプレミアムパートナーとなります。

今回新たに、「Google Maps Coordinate」と位置情報技術を活用したGeoソリューションや、精度の高い検索機能を提供する「Google 検索アプライアンス(GSA)」を活用したSearchソリューションの販売を開始するとともに、ChromeOS Deviceをはじめ今後発表となる新規ソリューションについて積極的に取り組んでまいります。
また、これにあわせて、両社で組織するセールス・マーケティング、テクニカルサポートおよび導入支援サポートなどの専任組織も体制の強化と拡充をはかります。

ソフトバンクテレコムは2011年2月より、企業向けクラウド事業の一環として「Google Apps™ for Business」の販売を開始しました。これまでに約2,500社へ合計約70万ライセンス以上の販売実績があり、今年開催された「Google Global Partner Summit 2013」では、2012年度の販売実績世界一の記録への評価としてGlobal Partner Awardを受賞しています。

ビジネスにおけるスマートデバイスの利用拡大とともにアプリケーションのクラウド化が加速する中、ソフトバンクテレコムは、コミュニケーションやコラボレーションの領域にとどまらず、企業の業務システム領域に対しGoogle エンタープライズの製品を提供することでさらなるクラウド化を促進し、お客さまの業務効率化やITコストの削減を支援していきます。

ソフトバンクテレコムは、今回の提携拡大を企業向けクラウドサービス戦略の重要な施策と位置付け、今後もGoogle の優れた製品を最大限に取り入れ、既存サービスと組み合わせた最適なサービスをGoogle と共同でお客さまへ提供していきます。

[注]
  • ただし、一部の製品セグメントにおいて提供しないソリューションがあります。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • Google、Google Apps はGoogle Inc.の登録商標または商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。