プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2014年

竹中工務店向けにiPad約3,000台の利用環境を構築~セキュアでシームレスなiPadの利用環境を個別に構築・提供~

2014年3月26日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、ゼネコン大手の株式会社竹中工務店(以下「竹中工務店」)にiPad AirやiPad mini Retinaディスプレイモデルなど約3,000台が導入されるのに合わせて、DR(Disaster Recovery)に対応したセキュアでシームレスなiPadの利用環境を、竹中工務店向けに構築・提供します。

竹中工務店では、iPadからシームレスに社内システムへアクセスして、関係者との情報共有を行うことで、お客さまニーズへの素早くかつ的確な対応と生産性の向上を目指した「竹中スマートワーク」を推進します。

ソフトバンクテレコムは、iPadから社内システムにアクセスする手段として「ホワイトクラウド セキュアリモートアクセス」、インターネットにアクセスする手段として「ホワイトクラウド セキュアインターネットアクセス2」、それらを利用する際の認証サービスとして「ホワイトクラウド PKIプラットフォーム」「ULTINA RADIUS認証プラットフォーム」を提供します。これによりセキュリティーを確保しながらイントラネットおよびインターネットをシームレスに利用することが可能となります。さらに、これらの設備を冗長化(二重化)することでDRに対応し、災害などで障害が発生した際の業務継続性を向上させます。

竹中工務店に納入される全てのiPadは、「ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント」によりリモートで一元的に管理され、セキュリティー対策の促進と業務の安全性の確保が実現します。紛失・盗難時のデータの遠隔消去やパスコードの設定などのセキュリティー対策を全てのiPadに適用することができるほか、アプリケーションのインストール状況をリアルタイムに確認することで、iPadの私的利用を防止することもでき、さらに必要なアプリケーションを一斉配信することにより、企業として必要なアプリケーションを利用者にストレスなく利用させることが可能となります。

ソフトバンクテレコムは、竹中工務店のiPadの運用を全面的にサポートし、同社のICT(Information and Communication Technology)活用による業務改革を支援していきます。

以上

  • iPadは、Apple Inc.の商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • ホワイトクラウドはソフトバンクテレコム株式会社の登録商標です。
  • その他、この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。