プレスリリース 1998年

米国E*TRADE社の韓国における営業権の取得について

1998年7月10日

ソフトバンク株式会社(本社:東京都中央区、代表者:孫 正義)は、米国の電子証券取引サービス大手E*TRADE社(本社:カリフォルニア州パロアルト、代表者:クリストス・コツァコス)と、同社が提供するオンライン・インベスティング・サービスの韓国におけるライセンス(営業権)を当社が取得することで合意し、1998年6月30日付でライセンス契約を締結いたしました。

米国E*TRADE社は、米国におけるインターネットを使った証券取引のパイオニアであり、同分野では全米でも最大手といわれております。また、この6月には、当社と日本における合弁会社、イー・トレード株式会社(本社:東京都中央区、代表者:北尾 吉孝)を設立しております。

韓国におけるインターネットの普及率も年々上昇しており、1998年末には、その利用者数も250万人に達するとも言われています。また、経済構造の再編が進む中、様々な規制も緩和されつつあり、外資の参入を奨励する気運も高まっております。

当社は、かねてより、インターネット分野におけるEコマース(電子商取引)事業への積極展開を図っており、特に、インターネットと親和性の高い金融サービスのオンラインでの提供については、日本と同様に、韓国は将来有望なマーケットであると考えています。

尚、韓国におけるオンライン・インベスティング・サービスの事業化に向けて、 イー・トレード株式会社も技術サポートを行う予定であります。

ご参考

米国E*TRADE社の概要

1.会社名 E*TRADE Group Inc.
2.設立年 1982年
3.所在地 米国カリフォルニア州パロアルト
4.事業内容 電子媒体を用いた有価証券の売買
5.代表者 クリストス・コツァコス(Christos M Cotsakos)社長
6.従業員数 約600人
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。