プレスリリース 1998年

米国E*TRADE社の米国Yahoo! Inc.及びZDNetとの契約締結について

1998年8月7日

1998年8月6日(米国時間)、米国E*TRADE社(当社出資比率 約28%)は、米国Yahoo! Inc.(当社出資比率 約31%)とマーケティング及び商取引に関する契約を締結し、同時に当社連結子会社の米国Ziff-Daivsのインターネット・サイトであるZDNetとも同様の契約を締結したと発表いたしました。

E*TRADE社は、Yahoo! Inc.との契約締結により、Yahoo! Inc.が提供する極めて利用頻度の高い個人向けの金融・投資情報サイト「Yahoo! Finance」において、E*TRADEに対する注目が飛躍的に高まることと期待しています。この契約により、同社は「Yahoo! Finance」や他の関連サイトにおいて、広範な広告、スポンサー及び販売促進プログラムの提供が可能となり、加えて数百万人に達する「Yahoo! Finance」の登録ユーザーに直接アクセスできる同社専用のマーケティング及び販売促進プログラムを確立することにもなります。さらに、E*TRADE社は「Yahoo! Finance」の中でも最も人気のある「Financial News」及び「Insider Trading」のスポンサーとなり、「Yahoo! Finance」上の最優先企業の一つとしてその地位を継続することが可能となります。

また、ZDNetとの契約によっても、E*TRADE社は、ZDNetのユーザーに対してポートフォリオ管理や株式投資ゲーム等のネット上の投資ツールを提供する唯一のプロバイダーとなることができます。

同社の代表兼CEOであるクリストス・コツァコス氏は、「これらの契約は、インターネット上で証券投資の口座を持たない9百万人以上の投資リサーチを利用するユーザーの獲得を狙ったものである。」と述べ、「Yahoo!及びZDNetとの間で締結したこの契約により、金融情報を利用している数百万人のユーザーに直接アクセスすることが可能となり、われわれの新しいサイトの実力をユーザーが認識することによってE*TRADE社の口座数を飛躍的に増加させることが可能となる。Yahoo!やZDNetと協調することにより、ネット上の世界最大の金融サイトになるという当社の目的を達成することができると確信している。」と語っています。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。