プレスリリース 2000年

グローバルセンター・ジャパンの株式を取得

2000年12月25日

ソフトバンク株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:孫 正義)は12月22日、グローバルセンター・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:岡田智雄)の38%の株式を取得しました。これは、当社が15.42%出資するアジア・グローバル・クロッシング社(Asia Global Crossing Ltd. 以下AGC、バミューダ島ハミルトン、CEO: John J. Legere)より取得したもので、今までのAGC経由の間接出資から直接出資に切り替え、当社の今後の中核事業であるブロードバンド戦略の核となるデータセンタ事業へ本格的に参入します。

今回は同時に、当社より3名の取締役が選任されました。

当社では、グループが誇る日本有数のインターネット事業におけるデータセンタのニーズを集約することにより、グループ全体でその効率性、経済性を向上させ、またサービス面における相乗効果を追求します。

またサービス開始準備中の超高速インターネット接続事業との連携により、真のブロードバンド・サービスを一般家庭から企業まで提供します。

なお、このデータセンタ事業は、ブロードバンドインフラ事業を行う当社100%出資の事業統括会社であるソフトバンク ネットワークス株式会社(東京都港区、社長:真藤豊)が統括、管理を行います。

グローバルセンター・ジャパン株式会社会社概要

代表者 岡田智雄
設立 平成12年2月9日
所在地 〒105-0001東京都港区虎ノ門4-3-20 神谷町森ビル10階
資本金 60億円
事業内容 データセンタ事業
平成12年4月1日より、サービスを開始、現在都内2カ所のデータセンタが稼働。
株主構成 :
  • アジア・グローバル・クロッシング社 51%
  • ソフトバンク株式会社 38%
  • 株式会社インターネット総合研究所 11%
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。