プレスリリース 2001年

ソフトバンク・グループ、Yahoo! JAPAN、名古屋めたりっく通信、
愛知県大口町(おおぐちちょう)と共同で「BB Phone」を同町全域に導入し、「サイバータウンプラン」を推進

2001年12月25日

ソフトバンクグループ(代表:孫 正義)、ブロードバンド総合サービスYahoo! BBのインフラの提供と管理、技術開発とサポートを行なうビー・ビー・テクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:孫 正義、以下 BBテクノロジー)、日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 雅博、以下 Yahoo! JAPAN)、名古屋めたりっく通信株式会社(本社:愛知県名古屋市中区、社長:宮川 潤一、以下名古屋めたりっく通信)は、愛知県大口町(愛知県丹羽郡大口町、町長:酒井 VoIP (Voice over Internet Protocol)技術を活用したブロードバンド電話、「BB Phone(BBフォン)」を大口町の全域に導入し、大口町が提唱する「サイバータウンプラン(地域情報化推進計画)」を積極的に推進し、新しい町づくりの実現を目指します。

具体的には、大口町は来年5月頃を目処に同町の全世帯である6,810世帯(13年12月1日現在)、法人、公共施設を対象にBB Phoneの月額基本料390円及びBB Phone、Yahoo! BBが利用可能なコンボ型の試作モデムの月額レンタル料690円(予価)の合計1,080円を補助し、開通から2年間程度を無料とする予定です。ソフトバンク・グループは、先行して来年1月より同町の対象者から約300名を本プランの試験サービス*1のモニターとして募集し、同試験サービスを1月下旬より開始します。大口町が全域に本格導入する際は、初期登録料3,980円を無料とし、また本プランの期間中、初月から3か月分の月額費用をソフトバンク・グループが無料にて提供します。

本プランの実施により、大口町民は新たな費用負担も一切なく、通話料金*2が(1)大口町内を始め、BB Phoneユーザー間が無料、(2)日本国内一律3分7.5円、(3)米国向け通話3分7.5円を始め、国際電話も世界231ヶ国へ最低水準の価格にて提供されます。接続も既存の電話にモデムを繋げるだけで、年齢やITの知識に関係なくブロードバンドによる大きなメリットが享受されます。

さらに、各世帯、法人、公共施設は、ソフトバンクグループによる強靭なブロードバンド・インフラによるブロードバンド総合サービス「Yahoo! BB」にも簡単に接続(有料)することが可能です。これにより、Yahoo! BBの多彩なコンテンツを入手できることに加え、業務効率の向上による地元企業の競争力強化、公共施設における豊富な情報の閲覧、同施設への利用申し込み、遠隔医療などによるe−ガバメント化を促進します。

導入のサポートと町民へのパソコン教室は、地元企業の名古屋めたりっく通信が、これまで全国で培った事業経験を活かし、サービスの提供をします。

ソフトバンク・グループは、大口町が「サイバータウン」として、地方におけるブロードバンドを活用した先進かつ効果的なモデルになるよう、町民の皆様、行政、地元企業各社と共に本プランを推進します。今後とも私共は、都市部のみならず地方のブロードバンド化をBB Phone、Yahoo! BB、及びグループの関連するサービスを通じて促進させ、人々がより豊かで快適な社会になるように貢献して行きたいと考えております。

[注]
  • *1試験サービス期間中、月額基本料とコンボモデムのレンタル料は無料。
  • *2110、119などの緊急電話に代表される3桁特番、090、070などの携帯電話・PHS・その他0A0、0120、0990等の高度電話サービスはサービス提供外ですので、ご契約電話会社の通話料が掛かります。
  • *表示価格は全て税抜きです。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。