プレスリリース 2002年

自己株式の取得枠設定について

2002年5月21日

当社は、平成14年5月21日開催の取締役会において、商法第210条の規定に基づく自己株式の取得枠設定を求める議案について、下記の通り、平成14年6月21日(金)開催予定の当社第22回定時株主総会に提案することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

1. 自己株式の取得枠設定を行う理由

経済環境等の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、自己株式の取得枠を設定するものであります。

2. 取得の内容

(1)取得する株式の種類と総数 当社普通株式30,000,000株(上限とする)
(発行済株式総数に対する割合8.9%)
(2)株式の取得価額の総額 600億円(上限とする)
[注]
  • *上記の内容については、平成14年6月21日開催予定の当社第22回定時株主総会において、「自己株式取得の件」が承認可決されることを条件といたします。

以上

本ニュースリリースは、証券取引法第166条に定められた「重要事実」に当たる情報が含まれる可能性があります。重要事実を含むニュースリリース等をご覧になられた方が、その重要事実が証券取引法施行令の規定に従い公開された後12時間以内に、当社およびグループ各社の株式等の売買等を行った場合、いわゆるインサイダー取引規制法違反として、証券取引法の規定に抵触するおそれがありますのでご注意ください。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。