プレスリリース 2002年

ナスダック・ジャパン株式会社の営業停止について

2002年8月16日

当社約43%出資の持分法適用関連会社ナスダック・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表者:勝屋 義郎、以下ナスダック・ジャパン社)は、本日開催の同社臨時取締役会にて同社の営業停止を決議しました。

今回のナスダック・ジャパン社による営業停止の決定は、米ナスダック・ストック・マーケット・インクの要請に応えたものです。

当社は、ナスダック・ジャパン市場の創設に携わることによって、国内における証券市場の活性化が促進され、今後もベンチャー及び中小企業の発展に寄与できるものと考えていましたが、今回のナスダック・ジャパン社の営業停止は、誠に残念であると思っております。

今後のナスダック・ジャパン市場につきましては、関係者が協議、協力して、同市場に上場されている企業、投資家の皆さまに混乱を招かぬように同市場の安定、継続性のために努力して参ります。

なお、当社によるナスダック・ジャパン社への投資額は約12億円であり、本決定による当社業績への影響は投資額の範囲内に限定されます。また、本件が当社の資金調達など財務活動に影響を与えることもございません。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。