プレスリリース 2003年

ソフトバンクグループ国内最大級オンラインゲームポータルサービス提供開始
日韓ゲームメーカー110社200タイトルと提携基本合意7月25日に日韓オンラインゲームが一堂に会し、オンラインゲームイベント開催

2003年7月3日

ソフトバンク・グループ2社(グループ代表:孫 正義、ソフトバンクBB株式会社、ビー・ビー・サーブ株式会社[各社概要下記ご参照])は、このたび、オンラインゲームポータルサイトのサービス提供を決定いたしました。ビー・ビー・サーブは、同社が開発・運営を担当するオンラインゲームポータルサイト「BB Games(ビービーゲームズ)URL: http://member.bb-serve.com/event/」の7月25日のポータルオープンを目処に、各オンラインゲームコンテンツの運営に必要なファシリティ提供および、オンラインゲームのプロモーション展開を開始いたします。

ビー・ビー・サーブは昨日、韓国のオンラインゲームメーカー80社150タイトルとの提携に基本合意いたしました。さらに、ガンホー・オンライン・エンターテインメントやNCジャパンなどをはじめとする日本のオンラインゲームメーカー30社50タイトルがすでに「BB Games」で展開することに基本的に合意しております。ビー・ビー・サーブは、本年度末までに100タイトル以上を、来年度末までに300タイトルを同社のポータル「BB Games」で展開する予定です。「BB Games」のユーザーは、会員情報登録することにより、すでに商用サービスが開始されている様々な有力オンラインゲームを一定期間で無料体験*1することができ、さらに「BB Games」が提供する包括的な最新のオンラインゲーム情報に触れることができます。ポータルからは、シングルサインオン*2によって、多種多様なオンラインゲームに簡単にログインでき、利便性が飛躍的に向上します。

ビー・ビー・サーブは今後、当オンラインゲームポータル「BB Games」を介して、総合ブロードバンドサービス「Yahoo! BB」を提供するソフトバンクBBおよびヤフー株式会社と、オンラインゲームコンテンツのプロモーション活動や「Yahoo! BB」会員限定サービス提供などの協業を行う予定です。

ビー・ビー・サーブは今回、韓国ゲーム産業開発院の全面的協力を得て、80社150タイトルの韓国オンラインゲームメーカーと「BB Games」参加における基本合意を締結いたしました。これは、「BB Games」を通じて韓国のオンラインゲームを支援し、日本オンラインゲーム市場の発展と韓国ゲームコンテンツメーカーの日本市場参入を支援するプログラム「韓国オンラインゲーム日本進出プログラム」の一環です。

オンラインゲームメーカーにとってのメリット

ポータル上でのプロモーションにより、各ゲームへのトラフィックを効果的に誘導することができます。さらに、ビー・ビー・サーブが提供するサーバーのホスティング・サービスや、課金システム・決済サービスを利用することで、自社で膨大なコストを負担する必要がなく、オンラインゲーム市場へ参入することが容易となります。既存のオンラインゲームメーカーにとっても、オンラインゲームユーザーの動向分析レポートを受けられることに加えて、マーケティングプロモーション手段として、Yahoo! BBユーザーへ訴求できる「BB Games」を活用することができます。

「Yahoo! BB」会員にとってのメリット

Yahoo! BB会員限定のオンラインゲーム無料体験サービスや、会員限定の先行ベータテストサービスを予定しています。期間はそれぞれのオンラインゲームにより異なります。

「BB Games」と連動したベータテストポータル「G-CIA(ジー・シーアイエー)」

「BB Games」は、別途創設されるオンラインゲーム・ベータテストポータルサイト「G-CIA」と連動し、独自性のあるサービスを提供していきます。これは、一般公開されたベータテスト(オープンベータテスト)以前の段階のオンラインゲームをテストするクローズドベータテスト専用ポータルで、ゲームメーカーにとって多大な負担となるテスト期間中のインフラ投資コスト、オペレーションコストなどを、「G-CIA」を活用することで大幅に削減できるうえ、ベータテスターによる評価の分析をゲーム開発者に体系的にフィードバックするサービスを受けられます。このサイトで高評価を得たゲームは、魅力的なゲームコンテンツとして判断され、「BB Games」で集中的にプロモーションを行っていきます。

「G-CIA」は、韓国ゲーム産業開発院が韓国で運営するベータテストポータル「CROCESS(クロセス)」*3と提携しており、ベータテストポータルの運営に関してのノウハウの供給を受けながら、サーバー提供をビー・ビー・サーブが担当、クローズドベータテスト運営をオンラインコンテンツインキュベーション事業を行うテクノグルーヴ株式会社(代表取締役:柳 日栄)が担当します。

「BB Games」オープン記念オンラインゲームイベント「Online Game Fantasista」

ソフトバンクグループは「BB Games」オープンを記念して、来る7月25日(金)に日韓オンラインゲームを一堂に集めたオンラインゲームイベント「Online Game Fantasista(オンラインゲームファンタジスタ)」を東京国際フォーラムにて開催いたします。主催「BB Games」、協賛ソフトバンクBBのこのイベントは、入場無料で幅広いユーザーにオンラインゲームに親しむきっかけを提供する機会としてで、当日は、今回基本合意した日韓オンラインゲームメーカーから魅力的なオンラインゲーム50タイトル以上を、無料先行体験できるブースを設置しています。また、著名芸能人をゲストに招き、数々の日本未発表のオンラインゲームと共に楽しめる構成となっています。

[注]
  • *オンラインゲームポータル「BB Games」事前登録 http://member.bb-serve.com/event/

オンラインゲームは、離れた不特定多数のユーザーがインターネットを介して、ひとつのゲームをリアルタイムに遊ぶゲームを指し、同時に複数のプレイヤーとプレイすることが大きな特長です。韓国において、約500万人を超えるユーザーが楽しむリネージュの人気に見られるような多人数同時接続型ロールプレイングゲーム(MMORPG)を始めとするオンラインゲームは、韓国や台湾、香港で、熱狂的なファンを獲得しています。

ソフトバンクグループは、引き続きブロードバンド市場を牽引していくとともに、確実視されるオンラインゲームコンテンツの今後の発展を見込み、より優良なコンテンツビジネスの成長と、Yahoo! BB会員へのサービス拡充を目指します。ソフトバンクグループは、革新的なブロードバンド通信インフラやサービスを通じ、人々により豊かなコミュニケーション手段を提供することによって社会に貢献していきたいと考えております。

[注]
  • *1一定期間の無料利用期間の設定は、タイトルに応じて異なります。
  • *2シングルサインオン:ユーザーがひとつのIDで多種多様なオンラインゲームに簡単にログインできるうえ、課金決済口座もひとつにまとめることができます。
  • *3www.crocess.com
  • *社名、ロゴマーク、商品名およびサービス名は商標または登録商標です。

以上

各社の会社概要

ソフトバンクBB株式会社

会社名 ソフトバンクBB株式会社 http://www.softbankbb.co.jp
本社所在地 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
代表者 代表取締役社長 孫 正義
設立日 2000年 5月 16日(合併日:2003年 1月 7日)
株主構成 ソフトバンク株式会社
事業内容 「Yahoo! BB」を中核としたブロードバンドにおけるインフラや各種サービスの提供、及び技術開発から営業、販売、サポートまでを一貫して行なう。IT関連の流通事業とサービスを提供し、ブロードバンドやイーコマースの関連事業会社を統括、管理する。

ビー・ビー・サーブ株式会社

会社名 ビー・ビー・サーブ株式会社 www.bb-serve.com
本社所在地 東京都千代田区神田錦町1-16
代表者 代表取締役社長 孫 泰蔵
資本金 35百万円
設立 2002年 12月
株主構成
  • ソフトバンクBB株式会社
  • アジアングルーヴ株式会社

ご参考

会社名 テクノグルーヴ株式会社 www.technogroove.com
本社所在地 東京都千代田区神田錦町1-16
代表者 代表取締役 柳 日栄
資本金 10百万円
設立 2002年 6月
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。