プレスリリース 2005年

ソフトバンクBB株式会社、日本テレコム株式会社、マイクロソフト株式会社
法人向けメッセンジャー統合コミュニケーションサービスで戦略的パートナーシップを締結
音声、電子メール、グループウェア、インスタントメッセージング、デスクトップの各サービスを統合した
セキュアなコミュニケーションネットワークサービスを提供

2005年12月27日

ソフトバンクBB株式会社、日本テレコム株式会社、マイクロソフト株式会社の3社は、VoIP、電子メール、インターネットアクセス、グループウェア、プレゼンス、インスタントメッセージング、デスクトップといったサービスとネットワークインフラを組み合わせることでセキュリティを確保した「メッセンジャー統合コミュニケーションサービス」(仮称)を開発し、法人市場向けにソリューション提供することで戦略的パートナーシップを締結しましたのでお知らせいたします。

マイクロソフトのMicrosoft Solution for Enhanced VoIP services* と日本最大規模のIP電話サービスキャリアであるソフトバンクBBのIPフォン運用ノウハウ、および日本テレコムのマネージドネットワークを融合させることにより、高品質・高セキュリティの音声サービスを最大限活用できるメッセンジャー統合コミュニケーションサービスを開発します。日本テレコムは、高品質なネットワークインフラ提供と独自のネットワーク運用のノウハウを、この「統合コミュニケーションサービス」と融合させることで、法人市場へ向けて「ICT プラットフォームサービス」として提供することを検討しております。

ユーザー企業は、Microsoft Solution for Enhanced VoIP Services と連動するBBフォンの音声プラットフォームと、日本テレコムの提供するマネージドネットワークサービスの導入により、ユーザー独自のセキュリティポリシーを変えずに、高機能なインスタントメッセンジャーとVoIPサービスで社内外とのリアルタイムコミュニケーションが実現します。同時にマイクロソフト社のオフィス製品群及びサーバー製品との連携により業務効率が向上します。これらは、従来の個人向けメッセンジャーソフトを利用する環境とは一線を画するものとなります。

ソフトバンクグループが提供するセキュリティを確保した音声ネットワークプラットフォームと、Microsoft Solution for Enhanced VoIP servicesを統合し、ソリューションサービスとしてパッケージ提供することは、日本では初めてとなります。

サービスの商用化は、実証実験を経て2006年春を予定しております。

以上

[注]
  • *Microsoft Solution for Enhanced VoIP Servicesとは
    Microsoft Exchange Server 2003、Microsoft Office Live Communications Server 2005、Windows(R) SharePoint(R) Servicesといったサーバー製品を中心に、中小の事業所にとって魅力的なサービスを、サービスプロバイダが提供できるようにするために開発されたソリューションであるMicrosoft Solution for Hosted Messaging and Collaboration version 3.5と、Sylantro SystemsのApplication Feature Server を組み合わせたものです。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。