プレスリリース 2006年

SBIホールディングス株式会社との合弁会社設立に関するお知らせ

2006年8月18日

当社は、SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員CEO 北尾 吉孝 以下、SBIホールディングス)と金融ポータル事業の企画、運営等を行う合弁会社の設立について協議を開始いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。なお、本合弁会社へは双方50%ずつの出資を行い、各社の代表者である孫 正義、北尾 吉孝がそれぞれ取締役に就任する予定であります。

1.合弁会社設立の理由

当社グループは、移動体通信事業・ブロードバンド事業・固定通信事業を有し、総合通信事業者として確固たる事業基盤を確立しているほか、世界で最先端のインターネット技術やノウハウに加え、様々な動画コンテンツやオンラインゲーム等のブロードバンドコンテンツを有する企業集団を形成しております。

一方総合金融グループを形成するSBIホールディングスグループは、証券・保険・商品先物等の金融商品あるいはこれらの評価方法に関わるさまざまな金融関連コンテンツを豊富に有すると同時に、ネット銀行等の新たな事業分野への進出を通じて、投資家や消費者の立場にたってあらゆる金融商品の販売を行う、国内最大規模のディストリビューターを目指し、さらなる事業拡大を続けております。

これら両社がお互いの強みを発揮し、いわゆるWEB2.0の思想を駆使した強力な金融ポータルサイトを構築することにより、投資家や金融商品・サービスの利用者に豊富かつ有益な投資関連情報を提供してまいります。

なお、8月3日付けで当社の完全子会社であるソフトバンク・エーエム株式会社がSBIホールディングス株式を売却したことにより、当社と SBIホールディングスの資本関係は消滅しましたが、事業面においては今まで以上に強固な関係を維持、発展させることで両社は合意しており、今回の金融ポータル事業を目的とした合弁会社設立も、かかる方向性に基づく事業展開の一環であります。

2.合弁会社の概要について(予定)

商号 未定(今後の協議により決定)
資本金 2億円(うち資本準備金1億円)
資本構成
ソフトバンク株式会社
50%
SBIホールディングス株式会社
50%
事業の内容 金融ポータル事業に関する企画及び運営等

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。