プレスリリース 2006年

一部報道に関するコメント

2006年11月22日

2006年11月22日付の一部の報道機関におきまして、当社全額出資子会社ソフトバンク・エーエム株式会社(以下 SBAM)に関する報道がなされました。

SBAM(旧ソフトバンク・ファイナンス株式会社)について、2005年3月期までの通常の法人税税務調査が行われました。いくつかの取引について指摘を受け、見解の相違はあるものの、当局の指摘に従い修正申告を行いました。指摘の内容は、数件の期ずれと資産の評価額に関わるものです。法人税の追徴課税や重加算税などの支払いはございません。

SBAMの単体財務諸表および当社グループの連結財務諸表に与える影響はありません。

[注]
  • *現在、SBAMは事業内容の変更に伴いソフトバンクテレコム販売株式会社へ社名変更(2006年10月付)しております。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。