プレスリリース 2007年

イー・アクセス及びソフトバンク、2.5GHz BWA免許取得を目指しWiMAXで戦略提携
他パートナーと共に企画会社「オープンワイヤレスネットワーク(OpenWin)」へ出資
ISPと提携しMVNO事業に強み

2007年9月20日
イー・アクセス株式会社
ソフトバンク株式会社

イー・アクセス株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役社長 安井 敏雄、以下「イー・アクセス」)及びソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役社長 孫 正義、以下「ソフトバンク」)は、モバイルWiMAXによる2.5GHz広帯域移動無線アクセスシステム(以下、BWA)の特定基地局開設計画の認定(事業免許)取得に向け、事業運営について戦略的提携を行うことで基本的な合意に達しました。イー・アクセス及びソフトバンクは、すでに設立されている企画会社「オープンワイヤレスネットワーク株式会社(Open Wireless Network、通称:OpenWin)」への共同出資を決定し、他の提携企業からの出資も併せて確定致しました。

両社は引き続き、事業計画の作成と免許申請に向け、検討を進めてまいります。

イー・アクセスとソフトバンクは、本年6月以降、WiMAXの市場性の分析を共同で進めてまいりました。両社は東京5拠点にて実証実験を実施し、結果を持ち寄りWiMAXの事業性を様々な角度から共同で検討した結果、既存の3G携帯電話事業及び固定ブロードバンド事業との大きなシナジー効果が見込めるとの認識で一致し、戦略提携に至ったものです。

また、OpenWinは提携各社から出資を受け、出資額は合計200.5億円を確定しました。払込完了日は、2007年9月28日を予定しています。

なお、具体的な事業内容・日程等につきましては、免許取得後、改めてお知らせいたします。

イー・アクセスとソフトバンクの強み

本事業に向けた両社が持つ強みは以下の通りです。

  • ADSL事業での実績、経験と同事業とのシナジー
  • モバイル事業での実績、経験と同事業とのシナジー
  • 豊富なWiMAX実証実験の経験
  • 資金調達の実績

イー・アクセスとソフトバンクは今後、OpenWinを通じてBWA事業免許申請を行い、免許取得後は、同社を事業主体としてWiMAXネットワーク事業を展開します。また両社は、OpenWinからホールセールを受け、それぞれの強みを活かしながら、リテール販売を行ってまいります。

出資各社の強み

NECビッグローブ、ソネットエンタテインメント、ニフティ、フリービットの提携各社に、イー・アクセス及びソフトバンクを加えた出資各社の、インターネット事業での合計会員数は、約1,500万人に達します。各社のMVNO事業はOpenWinの事業計画にとり大きな強みとなります。

また、ゴールドマン・サックスは、これまでおよそ560億ドルの資金を調達してきた世界最大級の投資銀行です。テマセク・ホールディングスは、シンガポールテレコムやイー・モバイルといったアジアのテレコム分野で大きな投資実績を持ち、およそ1,080億ドルの投資資産を誇るアジア最大級の投資会社です。

OpenWinは、出資各社の強みを活かした堅固な経営基盤のもと、早期の事業開始を目指します。

なお、各社の出資額、出資割合は次のとおりとなります。

イー・アクセス 65億円(32.42%)
ソフトバンク 65億円(32.42%)
ゴールドマン・サックス* 45億円(22.44%)
テマセク・ホールディングス 23.5億円(11.72%)
NECビッグローブ株式会社 0.5億円(0.25%)
ソネットエンタテインメント株式会社 0.5億円(0.25%)
ニフティ株式会社 0.5億円(0.25%)
フリービット株式会社 0.5億円(0.25%)
[注]
  • *ゴールドマン・サックス・グループ関係会社を含みます。

以上

参考

ゴールドマン・サックスについて

ゴールドマン・サックスは、投資銀行業務、証券業務および資産運用業務を中心に、多岐にわたるグローバルな金融サービスを世界中の企業、金融機関、政府機関等に提供している世界有数の投資銀行です。1869年創業の世界で最も伝統のある最大手の投資銀行のひとつであり、ニューヨークを本拠地として、ロンドン、フランクフルト、東京、香港およびその他の世界の主要な金融市場に拠点を擁しています。

日本においては、1974年に東京駐在員事務所を開設して以来、多様化するお客様の金融ニーズに応えるべく業務の拡充を図ってまいりました。現在は、投資銀行業務、セールス&トレーディング業務を中心に、グループ会社を通じて、投資業務、資産運用、不動産業務などを含む幅広い金融サービスを提供しております。

ゴールドマン・サックスは世界最大手のプライベート・エクイティ投資家の一つとして、1986年より現在までに13のファンドを通じて総額560億ドルの資金を調達しています。現在、ゴールドマン・サックスが運営するGS Capital Partners VIは、200億ドルの資本をもとにグローバルに投資実績を積み上げております。

テマセク・ホールディングスについて

テマセク・ホールディングスは、1974年に設立されたシンガポールを拠点とするアジア最大級の投資会社で、主にシンガポール、アジア及びOECD諸国において1,080億ドルの投資資産を誇ります。投資先は、テレコムやメディア、金融、不動産、運輸、エネルギー・資源、バイオやヘルスケア分野など多岐に及び、特にテレコム・メディア分野が23%(2007年3月末現在)と2番目に大きなセクターとなっています。テレコム分野では、シンガポールテレコム、Singapore Technologies Telemedia、Tata Teleservices、イー・モバイルなどが挙げられます。

テマセク・ホールディングスは、1974年の設立以来、年率18%以上の株主リターンを実現しており、S&P及びMoody’sの各格付機関より、それぞれAAA・Aaaの格付を得ています。詳しくは、こちらをご覧下さい。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。