プレスリリース 2008年

定款の一部変更に関するお知らせ

2008年5月8日

当社は、本日開催の取締役会において、平成20年6月25日開催予定の第28回定時株主総会に「定款一部変更の件」を付議することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.変更の趣旨

平成20年4月に株式会社東京証券取引所から「議決権種類株式の上場に関する制度の整備について」が公表され、本年7月を目処に無議決権優先株式を含めた種類株式の上場規則が制定される予定です。当社においては、このような新制度に対応するため、本年6月25日開催予定の当社定時株主総会に定款の一部変更の件を付議し、無議決権優先株式の発行を可能とすることを目的とするものです。

2.変更の理由

今回の定款変更は、現在の議決権保有構造を変えることなく、株主に対しては無償による割り当て、また新たな投資家へは投資機会の提供を目的として、新たな種類の株式(第1種優先株式、以下「本優先株式」)を発行することができるよう、このたび現行定款第5条に定める会社の発行する株式の種類を変更するとともに第2章の2(第1種優先株式)を新設することに関する承認議案を平成20年6月25日開催予定の当社定時株主総会に提出することを決定しました。

本優先株式は、投資家の嗜好が多様化するなか、配当を選好する投資家に対しては本優先株式を、また、より議決権を重視される投資家には普通株をという形で、その嗜好に応じた投資機会の選択肢を提供するものであり、新たな投資家層を開拓し、我が国の証券市場のさらなる発展に貢献できるものと考えています。従いまして、現実に発行する場合には、まずは既存株主に対し、無償割当という形で実行し、既存株主にその選択の機会を提供すべきものと考えております。

なお、将来的には本優先株式は、当社の企業価値の基礎となる経営理念・大きな志に基づいた中長期的な経営判断を可能とする株主基盤を維持しながら、当社における柔軟な資金調達や株式による買収等の選択肢を増やすものものでもあり、当社の企業価値の更なる向上に寄与するものと確信しています。

なお、本優先株式の発行を検討する場合には、流動性の観点から本優先株式が東証株価指数(TOPIX)に採用されることを前提と考えています。

3.日程

定款変更のための定時株主総会開催日 平成20年6月25日(水)
定款変更の効力発生日 平成20年6月25日(水)

4.変更の内容

変更の内容は次のとおりであります。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。