プレスリリース 2008年

ソフトバンク株式会社、アリババドットコム「アリババ株式会社」を合弁会社化し、本格事業展開開始

2008年5月15日
ソフトバンク株式会社
アリババドットコム リミテッド

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役社長 孫 正義、以下ソフトバンク)とアリババグループ[阿里巴巴集団](本社:中国浙江省杭州市、代表者:CEO ジャック・マー[馬 雲]、以下アリババグループ)傘下のアリババドットコム リミテッド[Alibaba.com Limited/阿里巴巴網絡有限公司](本社:中国浙江省杭州市、代表者:CEO デヴィット・ウェイ[衛 哲]、以下アリババドットコム)は「アリババ株式会社」を合弁会社化し、共同で事業展開を図る事に合意、5月15日付けで調印を行いました。なお、ソフトバンクからの増資は5月30日頃を予定しています。

アリババドットコムが運営する「Alibaba.com」は、世界中の企業との売買取引が可能な企業間トレードサイトです。1999年のサイト開設以降、中国国内で圧倒的なシェアを獲得するのみならず、世界規模で取り扱いを拡大し、ユーザー登録者数約3,000万、240あまりの国・地域で利用されている世界最大規模のトレードサイトです。

今回の「アリババ株式会社」の合弁会社化によって、アリババグループが蓄積してきた企業間電子商取引のノウハウならびに圧倒的な会員数・登録商品数を基盤に、ソフトバンクグループが持つ日本国内でのインターネット分野における多様な経験を活かして、日本企業のニーズにあわせたサービス開発や更なる利便性の向上を図って参ります。

本年度中は、特に中国をはじめとする海外企業との売買取引を検討している日本国内の中堅・中小企業をターゲットに、新サービスの開発、様々な展示会への出展等のマーケティング活動の強化を図って参ります。

また、新たな購買先を求める日本国内のバイヤーと中国サプライヤーとの売買取引支援に加え、日本国内のサプライヤーによる中国・海外のバイヤーにむけた情報発信を支援することで、日本企業の海外輸出の新たなチャネル開拓にも貢献し、日中貿易を中心としたグローバルな経済活動を促進して参ります。

合弁会社化に先立ち、日本サイト(ベータ版)のリニューアルを実施

今回の「アリババ株式会社」の合弁会社化に先立ち、日本国内ユーザーへの利便性の向上を図るためにサイトコンテンツ拡充ならびにリニューアルを行っております。

  • (1) 取扱商品点数を拡充 企業間トレードサイトとして国内最大となる100万点を突破
  • (2) 中国でのノウハウを活かしつつ日本市場にあわせたサイトリニューアルを実施
  • (3) ユーザーインターフェイスとログイン時のオペレーションを変更し、会員サイトへのアクセスの円滑化

合弁会社の概要について

社名 アリババ株式会社
資本金 約10億円
資本準備金 約10億円
資本構成 ソフトバンク株式会社 65%
アリババグループ 35%
事業内容 企業間トレードサイトの開発および運営
役員構成 代表取締役社長 香山 誠
取締役COO 孫 炯 [ソン・ジョン]
取締役 岡田 聡良
取締役 孫 正義
(ソフトバンク株式会社 代表取締役社長)
取締役 衛 哲 [デヴィッド・ウェイ]
(アリババドットコム リミテッド CEO)

会社概要

アリババグループ[阿里巴巴集団]

本社所在地 中国浙江省杭州市
最高経営責任者(CEO) 馬 雲 [ジャック・マー]

アリババドットコム リミテッド[阿里巴巴網絡有限公司]

本社所在地 中国浙江省杭州市
最高経営責任者(CEO) 衛 哲 [デヴィッド・ウェイ]

ソフトバンク株式会社

本社所在地 東京都港区東新橋1-9-1
代表取締役社長 孫 正義

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。