プレスリリース 2009年

携帯電話によるムービー・フェスティバル
「ポケットフィルム・フェスティバル・in・ジャパン 2009」の開催について

2009年1月15日
東京藝術大学大学院映像研究科
ソフトバンクグループ

ポケットフィルム・フェスティバル実行委員会(実行委員:東京藝術大学、ソフトバンクグループほか)は、下記の概要で「ポケットフィルム・フェスティバル・in・ジャパン 2009」を開催いたします。本フェスティバルは携帯電話を撮影機材とした作品による映画祭で、日本では今回が2回目の開催となります。

ポケットフィルム・フェスティバルは、携帯電話による映像表現の発展を目指し2005年に「フォーラム・ド・イマージュ(Forum des images)」(パリ市立映像フォーラム)が世界に先駆けて開催し、2008年6月にはその4回目がポンピドゥー・センターで開かれました。日本では、2007年にこのフェスティバルを世界規模で発展させるため、東京藝術大学とフォーラム・ド・イマージュが提携し、横浜で「ポケットフィルム・フェスティバル・in・ジャパン 2007」が開催されました。
今回は、その後フランスと日本以外にカナダ、イタリア、ロシアなどの国でも浸透しはじめた「ポケットフィルム」の優秀作品や新作の上映、そしてシンポジウム等によって構成されたプログラムにより、2009年1月24日(土)~25日(日)に、横浜にて開催いたします。

上映プログラムは、ポケットフィルム・フェスティバルの大きな特長である、携帯電話を用いて制作された作品が大きなスクリーンで上映され、鑑賞するといった形態を中心に予定しております。その他、ゲストを招き「ポケットフィルム」という新しいメディア表現の可能性について、教育、創造、社会といった多様な角度から論じるシンポジウムも開催いたします。

なお、ポケットフィルム・フェスティバルと併せ、東京藝術大学大学院映像研究科の年次成果発表会「Media Practice 08-09」も開催いたします。成果発表会の詳細については、次ページをご参照ください。

[ POCKET FILMS Festival in Japan 2009 ]開催概要

開催期間

2009年1月24日(土)~25日(日) 入場無料

会場

東京藝術大学大学院映像研究科 横浜校地馬車道校舎(横浜市中区本町4−44)

主催

ポケットフィルム・フェスティバル実行委員会

共催

フォーラム・ド・イマージュ(Forum des images)

後援

横浜市開港150周年・創造都市事業本部

協賛

ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、毎日新聞社、株式会社ロボット

協力

シャープ株式会社

実行委員長

藤幡 正樹(メディア・アーティスト/東京藝術大学大学院映像研究科長)

プログラム(東京藝術大学大学院映像研究科横浜校地馬車道校舎3階大視聴覚室)

2009年1月24日(土)15:00~17:00

「キャンパス&ワークショップ 新作セレクション」
内外の大学や公共施設でおこなわれたワークショップなどによって制作された新作を、トークセッションやプレゼンテーションを交えながら上映します。

2009年1月25日(日)11:00~12:00

「ポケットフィルム・フェスティバル・in・ジャパン 2007 秀作セレクション上映」
2007年度ポケットフィルム・フェスティバルのコンペ・スクリーン上映部門の受賞作品と第一線で活躍するクリエイターによるオリジナル作品の上映プログラム*1です。

  • 佐橋 龍 「携帯喧嘩」/2007年度コンペプログラム 審査員特別賞受賞作品
  • 掘田 典子 「Images, 2004-2007」/2007年度コンペプログラム 審査員特別賞受賞作品
  • 松山 太一 「LIMITED SPACE」/2007年度コンペプログラム 観客賞受賞作品
  • 伊藤 ガビン 「Digital Shoplifting」/2007年度テーマプログラム
  • エキソニモ 「1.5の夜」/2007年度テーマプログラム
  • 酒井 耕 「完璧な視点」/2007年度テーマプログラム
  • タナカ カツキ 「moviecollage」/2007年度テーマプログラム
  • 永戸 鉄也 「小さい日々」/2007年度テーマプログラム
  • 中原 昌也 「適当な映画」/2007年度テーマプログラム
  • 林家 たい平 「地球 愛 家族」/2007年度テーマプログラム
  • ウィスット・ポンニミット 「手」/2007年度テーマプログラム
  • 前田 真二郎 「surface_D_01」/2007年度テーマプログラム

2009年1月25日(日)13:00~15:00

「シンポジウム1“つながり”の条件──たかがケータイ、されどネットワーク」
ネットワークという連帯組織の意義や可能性を現在の視点から捉え直しながら、携帯電話やインターネットなどネットワーク社会の諸問題に対しての考察を行います。

パネリスト*2 村井 純(慶應義塾大学教授)
佐藤 雅彦(東京藝術大学大学院教授)
佐藤 良明(英文学者・翻訳家)
モデレーター*2 桂 英史(東京藝術大学大学院准教授)

2009年1月25日(日)15:30~16:30

「海外フェスティバル新作/秀作セレクション」
世界の携帯映画の動向を伝える、海外の4つの携帯電話映祭からセレクトした受賞作品やコンペ参加作品で構成した上映プログラムです。

  • Festival Pocket Films/フランス
    日本開催のポケットフィルム・フェスティバルの提携映画祭。パリ市立フォーラム・ド・イマージュが携帯電話会社SFRの協賛のもと2005年から開催する、ヨーロッパ最大の携帯電話映画祭。第5回目は2009年6月12日~14日に開催。
  • Mobifest/カナダ(http://www.mobifest.net/)
    カナダ初の携帯電話映画祭。トロント市にて映画祭開催のほか、携帯映画の配給、制作も行う。これまでに3回開催しており、基本的にはモバイルスクリーンでの視聴用に制作された作品をコレクション。また、アメリカでもMobifest LAを開催している。
  • Corto Fonino Film Festival/イタリア
    イタリア初の携帯映画祭。テルニ市にて開催。携帯電話を撮影機材として使用された4分以内の映画作品のほか、コンペティションでは脚本、写真、ジャーナリズム部門を設けている。これまでに3回開催している。
  • Glazz Mobile Cinema Festival/ロシア
    ロシア初のインディペンデントの携帯電話映画祭。コンペティション部門のほか、2008年度からは「Glazz Mobile Films School」という教育的プログラムも設けている。これまでに2回開催している。

2009年1月25日(日)17:00~19:00

「シンポジウム2 “物語”の条件──映像とコミュニケーション」
映像というコミュニケーションにとって物語とは何か。「語り手」の存在感が全体性をもたらすような表現のあり方を論じながら、映像芸術と現代芸術の先端(エッジ)を展望します。

パネリスト*2 黒沢 清(映画監督、東京藝術大学大学院教授)
住友 文彦(キュレーター)
藤幡 正樹(東京藝術大学大学院教授)
モデレーター*2 桂 英史(東京藝術大学大学院准教授)
[注]
  • *1「ポケットフィルム・フェスティバル・in・ジャパン 2007 秀作セレクション」上映作品の画像については次のページをご参照ください。
  • *2シンポジウムのパネリストとモデレーターのプロフィールは次のページをご参照ください。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。