プレスリリース 2009年

上海メディアグループとのコンテンツおよびエンターテインメント
関連事業における包括的事業提携の基本合意について

2009年6月30日

ソフトバンクグループは、6月29日、中国で最も影響力を持つメディアグループの一つである、上海メディアグループ(所在地:中国上海市、代表:黎 瑞剛、以下SMG)と、テレビ番組などの映像コンテンツおよびエンターテインメント関連事業において包括的事業提携を結ぶことで基本合意しました。

このたびの合意は、両社が有する膨大なコンテンツの相互流通およびその権利取引、マーケティング、中国国内のチャネル運営やTV・ネットショッピングなどにおいて、両社が協力することを目指しております。

具体的にはSMGが制作・保有する中国の人気テレビ番組等優良コンテンツをソフトバンクグループのインターネットサービスや携帯電話等の配信プラットフォームを通じて、日本や海外に展開することを検討しています。

また、日本の人気アニメや人気ドラマ、教養番組などのテレビ番組のほか、映画やスポーツをはじめとする優れた映像コンテンツをソフトバンクが取りまとめ、SMGの衛星デジタル放送網に専門チャネルを立ち上げることを検討しています。

さらにソフトバンクグループとSMGは、中国国内におけるSMG傘下のTVショッピングチャンネルとソフトバンクグループのネットショッピングのシナジーについて共同で検討することとしております。

そのほかにも、コンテンツおよびエンターテインメントに関わる多種多様な事業展開を世界規模で発展させることについて、今後両社で検討していく予定です。

両社はこの合意に基づいて、双方の事業拡大を目指すとともに日中の文化の普及育成に寄与していきます。

上海メディアグループについて

上海メディアグループは、中国で最も影響力を持つメディアグループの一つで、テレビ・ラジオをメイン業務とするほか、芸能マネージメント、スポーツ事業、技術サービス・開発、エンターテインメントへの投資事業など関連業務にも力を注いでいます。
現在、14のテレビチャンネル、11のラジオ局、31の有料デジタル放送、ブロードバンドネット放送、通信社、新聞・雑誌4種、スポーツ団体を運営しています。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。