プレスリリース 2011年

ソフトバンク、中国最大のオンラインテレビサービス「PPTV」を
運営するPPLiveへ出資

2011年2月3日
ソフトバンク株式会社
Synacast Corporation

ソフトバンク株式会社(東京都港区、代表:孫 正義、以下「ソフトバンク」)は、このたび中国最大のオンラインテレビサービス「PPTV」(ピーピーティーヴィー、URL:http://www.pptv.com/)を運営し、中国でPPLive(ピーピーライブ)として知られるSynacast Corporation(シナキャストコーポレーション、主要拠点:中国上海*1、代表:ヴィンセント・タオ、以下「シナキャスト」)の株式の35%*2を取得しましたので、お知らせします。

2004年12月にサービス提供を開始した「PPTV」は、現在中国全土での月間アクティブユーザーが1億500万人*3、閲覧用ソフトの累計インストール数が2億に達する、中国最大*4のオンラインテレビサービスです。中国全土のテレビ局やコンテンツ提供事業者と提携し、ニュース、ドラマ、映画、スポーツ、アニメをはじめとする人気テレビ番組を無料でライブ配信・オンデマンド配信しているほか、映画やエンターテインメント、教育番組などの有料コンテンツの配信も行っています。また、SNSとの連携やチャット、3D、マルチアングル中継といった、多彩なユーザーカスタマイズ機能とソーシャル機能を備えた、先進的なインターネットサービスです。

現在、オンライン動画配信市場は、中国および世界各国で急速に成長しています。ソフトバンクとシナキャストは、このたびの資本提携を通じて、パソコン、テレビ、モバイルを含むあらゆるインターネット端末で利用可能な、ユーザーニーズに合った優れたサービスを提供していきます。

[注]
  • *1英領ケイマン諸島法人
  • *2希薄化後の議決権ベース
  • *32010年12月時点
  • *4iResearch 2009データ

PPLiveについて

オンライン動画サービスのリーディングカンパニー、PPLiveは2004年に中国初のオンライン動画メディアとして誕生しました。PPLiveが提供する「PPTV」は中国全土に向けてライブ配信とオンデマンド配信を行っており、ユーザー視聴時間が長く、中国国内のオンラインテレビサービスにおいて最も影響力を持っています。また、中国全土120局以上のテレビ局と提携し、多数のテレビ番組を提供する中国最大のコンテンツ配信事業者でもあります。

「PPTV」の月間アクティブユーザー数*3は、1億500万人に上り、閲覧ソフトの累計インストール数は2億以上で、中国インターネット人口の43%に普及しています。ライブチャットやSNSと連携した革新的なサービスを提供することで、一日一人あたりの平均視聴時間は2時間30分を超え、中国のウェブサイトの中で最長の視聴時間を誇っています。PPLiveは他社に比べ、高品質の動画を、スムーズかつ低コストで配信し、あらゆるインターネット端末でいつでもどこでも高品質の動画が楽しめる世界規模のオンラインテレビプラットフォームです。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。