プレスリリース 2012年

連結子会社の配当決定に関するお知らせ

2012年9月25日
ソフトバンク株式会社

当社の連結子会社であるソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)が、2012年9月25日、剰余金の配当について決定いたしました。これに伴い、当社の個別決算に影響が生じる見込みとなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. ソフトバンクテレコムの配当の概要

(1)配当金総額 72,492百万円
(2)効力発生日 2012年9月26日

2. 当社の業績に与える影響

当社はソフトバンクテレコムの株式を100%所有しています。このうち、81.7%は当社が直接所有し、18.3%はSBBM株式会社(当社の100%子会社、以下「SBBM」)が所有しています(図参照)。
当該配当の効力発生に伴い、当社は2013年3月期の個別決算において、直接所有する株式数に基づき受取配当金59,203百万円を営業外収益に計上する見込みです。
なお、連結子会社からの配当であるため、2013年3月期の連結業績に与える影響はありません。

当社、SBBM、ソフトバンクテレコムの資本関係図

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。