プレスリリース 2013年

スーパーセル株式の取得完了に関するお知らせ

2013年11月1日
ソフトバンク株式会社
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)とガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社(以下「ガンホー」)は、昨日(2013年10月31日)、両社がフィンランドに共同で設立した特別目的会社を通じて、フィンランドを拠点にモバイル端末向けのゲーム事業を展開するSupercell Oy(以下「スーパーセル」)の議決権付株式の51%を15.3億米ドル(約1,515億円)で取得(以下「本取引」)しましたので、お知らせいたします。本取引の詳細は、2013年10月15日付「ソフトバンクとガンホーによるスーパーセルの株式の取得について」をご覧ください。

[注]
  • 1米ドル=99円で換算

1. スーパーセルの概要

(1)名称 Supercell Oy
(2)所在地 Itämerenkatu 11-13 00180 Helsinki Finland
(3)代表者の役職・氏名 CEO Ilkka Paananen
(4)事業内容 モバイル/ソーシャル インタラクティブ・エンターテインメント
(5)資本金 2,500ユーロ
(6)設立年月日 2010年5月14日

2. 本取引に係る取得関連費用

(1)取得関連費用(概算額)

約32億円

(2)取得関連費用の計上方法

ソフトバンクは、国際会計基準(IFRS)に基づいて作成される2014年3月期第3四半期累計期間の連結損益計算書において、上記の取得関連費用全額を「販売費及び一般管理費」として計上する見込みです。ガンホーは、日本基準に基づいて作成される2013年12月期の連結貸借対照表において、約6億円を「投資有価証券」の一部として計上する見込みです。

3. 業績に与える影響

本取引による業績等への影響については、ソフトバンクは確定次第お知らせします。ガンホーの業績に与える影響は軽微です。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。