プレスリリース 2014年

ジーニーとソフトバンクグループの
インターネット広告事業の提携について

2014年10月14日
株式会社ジーニー
ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンク株式会社

株式会社ジーニー(以下「ジーニー」)とソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)は、業務提携契約を締結しましたのでお知らせします。ソフトバンクモバイルは、ジーニーの協力の下2014年11月よりSSP※1事業を開始し、ソフトバンクグループのインターネット広告事業を強化していきます。また、本契約に伴い、ソフトバンク株式会社は、ジーニーに対し32.9%出資します。※2

ジーニーは、2010年の創業以来、アドテクノロジーを活用した日本最大級のSSP事業者です。同社は、インターネットメディアの収益最大化を実現するプログラマティックバイイング※3を推進し「RTB※4市場」という新たな国内市場を創出してきました。

本提携により、ジーニーは、ソフトバンクモバイルへSSPの提供を行い、一方、ソフトバンクモバイルはこのSSPを活用することで、グループ内のインターネット広告事業の収益最大化を目指します。その結果、広告主は、ソフトバンクモバイルを始めとするグループ企業が持つさまざまなネットサービス上の広告媒体に対して、RTBによる広告枠の買い付けをすることが可能になり、これまで以上に、ユーザー属性に合わせリアルタイムかつ効率的にインターネット広告を配信できるようになります。

ジーニーおよびソフトバンクグループは、このたびの提携を通し、国内のインターネット広告業界を牽引し、さらなる事業拡大を図っていきます。

[注]
  • ※1SSP:Supply Side Platformの略。媒体社の収益最大化のための広告プラットフォーム。
  • ※2今回の出資は、ソフトバンク株式会社の100%子会社であるSB Pan Pacific Corporationを通じて行われます。
  • ※3ユーザー属性データや広告主の出稿条件データなどを元に広告枠を自動的に買い付けできるシステムのこと。
  • ※4RTB:Real Time Biddingの略。オンラインの広告枠の売買の仕組みで、広告のインプレッション(画面上の表示)が発生する毎にユーザーの属性や広告の掲載サイトを元に広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定します。

株式会社ジーニーについて

商号 株式会社ジーニー(英語名:Geniee, Inc.)
設立年月日 2010年4月14日
代表者名 代表取締役社長 工藤 智昭
本社所在地 東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル3F
事業内容
  • インターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「Geniee SSP」の開発・提供
  • 広告主・広告代理店のマーケティング支援サービスの提供
URL http://geniee.co.jp/
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。