プレスリリース 2016年

代表取締役の異動(退任)に関するお知らせ

2016年6月21日
ソフトバンクグループ株式会社

当社の代表取締役副社長であるニケシュ・アローラが、明日午前10時より開催される第36回定時株主総会終結の時をもって任期満了に伴い代表取締役及び取締役を退任することとなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 退任の理由

このたび当社代表取締役副社長であるニケシュ・アローラが、第36回定時株主総会終結の時をもって任期満了に伴い代表取締役及び取締役を退任することとなりました。
アローラは、2014年9月に当社のバイスチェアマン及びSB Group US, Inc.(旧SoftBank Internet and Media, Inc.)のCEOに就任し、グループの成長戦略の策定と実行に深く携わった後、2015年6月に当社の代表取締役副社長に選定されました。
当社代表取締役社長の孫 正義は、アローラを有力な自身の後継者候補として考えていましたが、数多くのテーマに取り組む中で、当面は当社グループのトップとして指揮を執り続ける意向です。一方で、アローラは、数年のうちに孫に代わって当社グループのトップとして指揮を執りたいとの意向でした。こうした両者の時間軸のずれを踏まえ、アローラは当社の代表取締役及び取締役を任期満了に伴い退任し、次のステップに進むこととなりました。

2. 退任する代表取締役の氏名及び役職

氏名 現役職名
ニケシュ・アローラ 代表取締役副社長

3. 退任予定日

2016年6月22日(第36回定時株主総会日)

4. 備考

当社は、明日午前10時より開催される第36回定時株主総会に先立って、取締役会を開催し、同定時株主総会に付議予定の「第2号議案 取締役8名選任の件」について、ニケシュ・アローラの選任に係る部分を取り下げ、内容を一部変更する予定です。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。