プレスリリース 2018年

子会社の支配喪失に伴う利益の計上に関するお知らせ

2018年8月6日
ソフトバンクグループ株式会社

当社は、2019年3月期第1四半期累計期間の連結決算において、子会社の支配喪失に伴う利益161,347百万円を計上しましたので、下記の通りお知らせいたします。

1. 子会社の支配喪失利益の内容

2018年6月5日付「子会社(アーム)における中国事業の合弁事業化に関するお知らせ」にてお知らせした通り、当社の英国子会社Arm Limited(アーム)は、2018年6月26日、中国完全子会社であるArm Technology (China) Co., Ltd.(以下「Arm China」)の持分の51%を、775百万米ドルで複数の機関投資家およびアームの顧客ならびにその代理会社へ売却しました。この結果、Arm Chinaは当社の子会社に該当しないこととなり、新たに当社の持分法適用関連会社となるとともに、当社は子会社の支配喪失に伴う利益161,347百万円を計上しました。

2. 当社の業績に与える影響

上記の子会社の支配喪失に伴う利益の計上による業績への影響については、本日(2018年8月6日)公表の「平成31年3月期 第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)」をご参照ください。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。