プレスリリース 2018年

ヤフー株式会社(証券コード:4689)による
自己株式の公開買付け及び
当社子会社による応募の結果に関するお知らせ

2018年8月10日
ソフトバンクグループ株式会社

2018年7月10日付「ソフトバンク株式会社によるヤフー株式会社株券に対する公開買付けの開始及びヤフー株式会社による自己株式の公開買付けに関するお知らせ」にて公表のとおり、当社の子会社であるヤフー株式会社(東証第一部、証券コード:4689、以下「ヤフー」)は、自己株式の公開買付け(以下「本自己株式買付け」)を2018年7月11日より実施していましたが、本自己株式買付けが2018年8月9日をもって終了しましたので、その結果について別添資料のとおりお知らせいたします。

また、本自己株式買付けに対し、当社100%子会社であるソフトバンクグループジャパン株式会社(以下「SBGJ」)が所有するヤフー普通株式を応募した結果、611,109,700株をヤフーに売却することとなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

この結果、本自己株式買付けおよびソフトバンク株式会社によるヤフー普通株式の公開買付け(以下「本公開買付け」、2018年8月9日付公表「ソフトバンク株式会社によるヤフー株式会社株券に対する公開買付けの結果に関するお知らせ」参照)に係る決済の完了後に、当社及び当社子会社におけるヤフー普通株式の所有割合(本自己株式買付け後)※1は48.17%になる予定です(うち、ソフトバンク株式会社におけるヤフー普通株式の所有割合(本自己株式買付け後)は12.08%)。なお、本件による当社連結業績への影響は軽微です。

1. ヤフーによる本自己株式買付けへの応募の結果の概要

(1)本自己株式買付けへの応募前の所有株式数 2,445,487,300株(間接所有)
(2)本自己株式買付けへの応募による売却株式数 611,109,700株(間接所有)
(3)本自己株式買付けへの応募後の所有株式数 2,448,266,500株(間接所有)
(所有割合(本自己株式買付け後):48.17%)
[注]
  • ※1
    「所有割合(本自己株式買付け後)」とは、ヤフーが2018年6月18日に提出した第23期有価証券報告書に記載された、2018年6月18日現在の発行済株式総数(5,696,905,200株)(但し、2018年6月1日から2018年6月18日までの同社の新株予約権の行使により発行された株式数は含まれていません。)から、2018年6月18日現在の同社が所有する自己株式数(2,835,585株)(但し、2018年6月1日から2018年6月18日までの当社による単元未満株式の買取による株式数は含まれていません。)に、同社が本自己株式買付けにおいて取得した自己株式数(611,111,200)を合計した自己株式数(613,946,785株)を控除した株式数(5,082,958,415株)に対する割合をいうものとし、その計算において小数点以下第三位を四捨五入しております。

以上

所有割合概略図

(2018年7月10日現在)

当社のヤフー普通株式所有割合※2:42.95%(間接所有)

所有割合概略図:2018年7月10日現在

(本公開買付けおよび本自己株式買付けに係る決済完了後)

当社のヤフー普通株式所有割合(本自己株式買付け後):48.17%(間接所有)

所有割合概略図:本公開買付けおよび本自己株式買付けに係る決済完了後

[注]
  • ※2
    本箇所における「所有割合」とは、ヤフーが2018年6月18日に提出した第23期有価証券報告書に記載された、2018年6月18日現在の発行済株式数(5,696,905,200株)(但し、2018年6月1日から2018年6月18日までの同社の新株予約権の行使により発行された株式数は含まれていません。)から、2018年6月18日現在の同社が所有する自己株式数(2,835,585株)(但し、2018年6月1日から2018年6月18日までの同社による単元未満株式の買取による株式数は含まれていません。)を控除した株式数(5,694,069,615株)に対する割合をいうものとし、その計算において小数点以下第三位を四捨五入しております。

本自己株式買付けに関する全ての手続は、特段の記載がない限り、全て日本語において行われるものとします。本自己株式買付けに関する書類の全部又は一部については英語で作成されますが、当該英語の書類と日本語の書類との間に齟齬が存した場合には、日本語の書類が優先するものとします。

本プレスリリースの記載には、米国1933年証券法(Securities Act of 1933)(その後の改正を含みます。)第27A条及び米国1934年証券取引所法第21E条で定義された「将来に関する記述」が含まれています。既知若しくは未知のリスク、不確実性又はその他の要因により、実際の結果が「将来に関する記述」として明示的又は黙示的に示された予測等と大きく異なることがあります。ヤフー若しくはソフトバンクグループ株式会社又はそれらの関連者(affiliate)は、「将来に関する記述」として明示的又は黙示的に示された予測等が結果的に正しくなることをお約束することはできません。本プレスリリース中の「将来に関する記述」は、本プレスリリースの日付の時点でヤフー又はソフトバンクグループ株式会社が有する情報を基に作成されたものであり、法令で義務付けられている場合を除き、ヤフー若しくはソフトバンクグループ株式会社又はそれらの関連者は、将来の事象や状況を反映するために、その記述を更新したり修正したりする義務を負うものではありません。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。