CSRトピックス 2012年

ソフトバンクグループの東日本大震災被災地域に対する継続的な復興支援活動 「復興支援ソフトバンク商品券」を発行

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)、ソフトバンクBB株式会社(以下「ソフトバンクBB」)、ヤフー株式会社(以下「Yahoo! JAPAN」)、ソフトバンクギフト株式会社(以下「ソフトバンクギフト」)は、2012年4月23日(月)より国土交通省・環境省などが運営する「復興支援・住宅エコポイント」と交換ができる「復興支援ソフトバンク商品券」を発行しました。

継続的な復興支援の実施

ソフトバンクグループでは、2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災で被災した地域に対して、中長期的な視点で継続的に支援することを目的に、「復興支援・住宅エコポイント」に対応した「復興支援ソフトバンク商品券」を発行しました。
「復興支援・住宅エコポイント」は、国土交通省・環境省などが被災地復興支援と住宅市場の活性化・住宅の省エネ化を目的に運営しており、エコ住宅の新築またはエコリフォームを行った場合に発行されるポイントを復興支援商品やエコ商品と交換することができます。

「復興支援ソフトバンク商品券」は、「復興支援・住宅エコポイント」を1ポイントあたり1円分として交換できる金券です。交換した「復興支援ソフトバンク商品券」は、Yahoo! JAPANが事務局を務め、東北地方の特産品などを販売するインターネット総合百貨店「復興デパートメント」や、東日本大震災の特定被災地域(10県222市町村:2012年2月22日現在)に所在するソフトバンクショップでの利用が可能です。

「復興支援ソフトバンク商品券」の取り組みは、ソフトバンクギフトが復興支援・住宅エコポイント交換事業者として登録し、「復興デパートメント」やソフトバンクモバイルおよびソフトバンクBBの商品と交換できるようにすることで実現しました。ソフトバンクグループでは、この取り組みが、被災地域の経済活性化に少しでもつながることを期待しています。

今後も被災地復興のため、被災地および被災者の皆さまに対して「何ができるのか」「何をすべきか」を検討し、さまざまな支援に取り組んでまいります。

(掲載日:2012年5月17日)

  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。