CSRトピックス 2012年

「ソフトバンク かんたん募金」をリニューアル グループ社員のアイデアから生まれた新しい募金の形

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)は、2012年9月11日に、お客さまが携帯電話を通じて被災地支援団体などに簡単に寄付ができる「ソフトバンク かんたん募金」を、よりお客さまのご希望に沿って寄付いただけるようリニューアルしました。

新たな寄付の仕組みを創出

ソフトバンクモバイルではこれまで、国内外で発生した大規模災害に際し、お客さまが携帯電話から被災地支援団体に簡単に寄付ができる仕組みとして、iPhoneおよびSoftBank スマートフォン向けのアプリケーション「ソフトバンク かんたん募金」や、お客さまの通話料を寄付することができる「ソフトバンクチャリティダイヤル」などの寄付サービスを提供してきました。
このたび、これらのサービスを総称して「ソフトバンク かんたん募金」としてリニューアルし、ソフトバンクモバイルの指定団体へ常時寄付ができるようになりました。また、iPhoneおよびSoftBank スマートフォン向けの専用アプリケーションからのご利用に加え、新たにソフトバンク3G携帯電話からでも専用サイトへアクセスすることでご利用が可能となっています。いずれの方法においても、携帯電話料金との「まとめて支払い」などオンライン決済※1のご利用となります。

一方、「ソフトバンク かんたん募金」に統合された「ソフトバンクチャリティダイヤル」では、これまで専用ダイヤルへの通話料が寄付金となっていましたが、2012年9月25日より、日本の携帯電話業界で初めて※2専用ダイヤルから寄付金額の指定ができるようになるなど、お客さまのご希望に合わせて、寄付をしていただけるようになりました。
なお、専用ダイヤルでの寄付の方法は、専用特番「*5577」に電話をかけていただき、音声ガイダンスに従って寄付先や寄付金額などを決定していただきます。寄付金額は1円単位で指定することもできるほか、ガイダンスを聞いた通話料に応じた金額を寄付いただくこともできます。簡単な手続きで申し込めるため、携帯電話の操作が苦手な方でも、容易に寄付をしていただくことが可能です。

さらに、ソフトバンクモバイルでは、これまで受け付けた募金の寄付先での活動報告ページをSoftBank スマートフォン向けの専用アプリケーションとソフトバンク3G携帯電話向け専用サイト「ソフトバンク かんたん募金」内に設けて、具体的な活動内容をご報告しているほか、ご利用者さまへは、感謝の気持ちを込めて白戸家の「お父さん壁紙」をプレゼント※3しています。

今回のリニューアルの際に新設された「専用ダイヤルから寄付先や金額の指定ができる」仕組みは、2012年1月にソフトバンクグループ内で行われた「第一回 社会に貢献するビジネスアイデアコンテスト」にて集まった300件以上のアイデアから生まれました。このコンテストは、グループの従業員全員が社会問題に目を向け、その解決のために「ソフトバンクググループとして何ができるのか」を真剣に考えることで、新たなCSRの仕組みの創出を目指しています。
このコンテストは2012年7月にも第二回が開催されましたが、今後も社会に貢献する新たなCSRの仕組みを生み出す土壌として、継続していく予定です。

ソフトバンクグループでは今後も、従業員が持つ社会貢献に対する意識と、さまざまな部門が持つ専門的な知識を掛け合わせ、社会の課題を解決できるような仕組みを創出してまいります。

(掲載日:2012年10月18日)

[注]
  • ※1携帯電話料金との「まとめて支払い」、クレジットカード、SoftBankマネー、またはソフトバンクポイントで寄付いただけます。状況に応じて一部決済方法が利用できない場合があります。
  • ※22012年9月11日時点。特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会調べ。
  • ※3別途通信費が発生します。
  • Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhoneはApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。