CSRトピックス 2013年

「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」の
スペシャルサポーターに白戸家の「お父さん」が就任 東日本大震災被災地への継続的な支援を


(左から)スペシャルサポーターに就任した白戸家の「お父さん」、「お兄ちゃん」、舟山さん、須貝さん

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)とソフトバンクBB株式会社(以下「ソフトバンクBB」)では、東日本大震災被災地への継続的な支援を行うため、月々のご利用料金にプラスして寄付ができるオプションサービス「チャリティホワイト」を提供しています。この「チャリティホワイト」の寄付先の一つが、赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」(以下「ボラサポ」)です。この度、ソフトバンクモバイルのテレビCMでおなじみの白戸家の「お父さん」が、「ボラサポ」のスペシャルサポーターに就任しました。2013年7月8日、就任記念イベントが国立総合児童センター こどもの城(東京都渋谷区)にて開催され、炎天下にもかかわらず多くの皆さまにご来場いただきました。

スペシャルサポーター就任記念イベントを開催

ソフトバンクモバイルとソフトバンクBBが提供する「チャリティホワイト」は、東日本大震災の被災地に、継続的な支援を行うためのオプションサービスです。お客さまからいただく寄付金(月10円)と、ソフトバンクモバイルまたはソフトバンクBBが拠出する同額(チャリティホワイト加入者1人当たり月10円)を、被災した子どもたちのための支援活動を行う団体に寄付しています。

今回、イベントに協力することとなった「ボラサポ」は、東日本大震災の被災者を支援しているボランティアやNPO団体の活動をサポートすることを目的としています。2013年7月8日に行われた「赤い羽根『災害ボランティア・NPO活動サポート募金』スペシャルサポーター就任記念イベント」には、白戸家の「お父さん」と、その応援に駆け付けた白戸家の「お兄ちゃん」ことダンテ・カーヴァーさん、同じくスペシャルサポーターに就任したバイクレーサーの須貝 義行さん、タレント・モデルの「くみっきー」こと舟山 久美子さんが参加しました。

イベント冒頭、社会福祉法人中央共同募金会の髙井 康行副会長が、これまで募金に協力していただいた全ての方々に対し、感謝の言葉を述べられました。続いて「スペシャルサポーター就任式」が行われ、今回サポーターに就任した皆さんに委嘱状が手渡されました。委嘱状を受け取ったサポーターは、それぞれ被災地に対する想いを語りました。その中で白戸家の「お父さん」は、「何の役にも立たないなんてことはない。今更なんてこともない。私だって、明日は今日よりもできることが増えている(かもしれない)。だから、今はせめて応援するぞ!」と語りました(白戸家の「お兄ちゃん」が代読)。

就任式を終えたサポーターの皆さんは、早速募金箱を持って街頭に立ち、道を行く人々に募金を呼び掛けました。当日は30度を超える猛暑にもかかわらず、大勢の方に街頭募金へご協力いただきました。サポーターは、募金をしていただいた方一人一人と握手を交わし、感謝の気持ちを伝えました。

ソフトバンクモバイルおよびソフトバンクBBをはじめとしたソフトバンクグループは、これからもさまざまな活動を通じて、継続的な被災地支援を行ってまいります。

(掲載日:2013年8月14日)

  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。