プロジェクトPickUp 2011年

ビジネスを加速する新しいコミュニケーションツール
「ホワイトクラウド クリアベイル」

ソフトバンクテレコム株式会社
営業開発本部 クラウドビジネス統括部 クラウドソリューション1部 3課 課長
永久 健三(ながひさ けんぞう)

2011年2月より、ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)が商用サービスとして提供を開始した、ビジネス用ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、それが「ホワイトクラウド クリアベイル」(以下「クリアベイル」)というサービスです。同社およびソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社をはじめとした、ソフトバンクグループの一部企業では、日々の業務で実際に「クリアベイル」が活用され、また、お客様企業によるご利用の広がりも見せています。今回は、ビジネスSNS「クリアベイル」の活用法や利点などについて、ソフトバンクテレコム 営業開発本部 クラウドビジネス統括部 クラウドソリューション1部 3課 課長の永久 健三にインタビューしました。

人気が高まるビジネスSNS

インタビュアー:
「クリアベイル」について教えてください。
永久:

「クリアベイル」は、SNSの機能を持った、企業向けのコミュニケーションツールを、ソフトバンクテレコムのクラウドコンピューティングサービス(以下「クラウド」)で提供する、クラウド型サービスです。機能としては、TwitterやFacebookのような個人向けSNSと同様、「つぶやき」やコメントの投稿、特定の参加者のフォローといったことができるのはもちろんのこと、組織やプロジェクト単位で「グループ」を作っての情報共有や、「グループ」内でWord/Excelファイル、さらには画像や動画も共有できます。「クリアベイル」以外にも企業向けのSNSはいくつか存在するのですが、その多くが、社内利用を目的としたものです。一方、「クリアベイル」は社内に限らず、社外やパートナー企業などともコミュニケーション環境を構築できるため、我々はあえて「ビジネスSNS」と呼んでいます。
「クリアベイル」は、米国に本社を置くBroadVision, Inc.が開発したビジネスSNSサービス「ClearVale(クリアベイル)」を、ソフトバンクテレコムとBroadVision, Inc.が日本仕様に機能拡張したものです。日本で利用するためには、日本語対応はもちろん、日本ならではのビジネス慣習に合わせる必要があります。ソフトバンクテレコムでは、2010年10月から本格的な社内トライアル利用を始め、2011年2月より無料トライアル版の提供を開始しました。そして5月より有償の商用サービスを展開しています。

インタビュアー:
「クリアベイル」の特徴について教えてください。
永久:

「クリアベイル」が持つ大きな特徴として、「クリアベイル」の利用者自身で、画面を自分好みに簡単にカスタマイズできる点があります。これは画面デザインが変更できない、ほかの企業向けSNSと大きく違う点です。「クリアベイル」では、グループを作成した人自身が当該グループの管理者となるため、グループ内であれば管理者権限で動画を配置したり、ディスカッションのためのフォーラム機能を入れることができます。また、さまざまな機能を追加・配置することが可能であり、自由に画面をカスタマイズすることもできます。一般的なSNSは、書き込みが経過とともに埋もれてしまいますが、「クリアベイル」では大事な書き込み(情報)については、掲示板のように一覧にしておくことも可能です。「クリアベイル」はビジネスでの利用が前提ですので、メンバー同士の情報基盤として大いに活用することができます。

ビジネス上のコミュニケーションスタイルを変える新しい仕組み

インタビュアー:
ビジネスで「クリアベイル」を活用する利点は何でしょうか?
永久:

利用者が日頃思っていることや、ちょっとした気づきを、簡単にメンバーと共有できることです。例えば、業務中に思いついたアイデアや気づきを、わざわざメールや電話で伝えるケースは少ないと思います。しかしそのような情報でも、メンバー間で共有できることが、「クリアベイル」をはじめとするSNSのよさだと思います。また、備忘録的なメモや気なったニュースなどの情報も、別の人にとっては有益な情報になる可能性がある点もSNSの面白さです。私は業務上、企業の経営層の方とお話する機会が多いのですが、「現場の意見を知りたい」というニーズを、多くの方がお持ちです。その点「クリアベイル」は従業員の生の意見や現場の声を拾うため、最適なビジネスツールと言えます。特に何も意識せずにつぶやくだけで、フォローしているメンバー自身が自主的に必要な情報を拾っていくことから、「クリアベイル」は、“必要な情報が必要な人に”タイムリーに広がり、最終的に企画などに反映することも可能です。さらに、「クリアベイル」というビジネスSNSでのやり取りですから、まったく無関係な人への情報漏えいも防げるうえ、結果として企業活動が早くなる点も、大きな利点と言えます。

実際に、「クリアベイル」をビジネスに活用していただいている企業の経営層の方からは、ご評価いただいています。気軽に気づきなどが言え、さらにはそのような生の声を拾えるのは、これまでのビジネスで活用されていたコミュニケーションツールにはない、新しい仕組みです。このようなところにこそ、ビジネスにつながる宝の山があるのだと思います。

インタビュアー:
「クリアベイル」を開発する際に工夫した点は?
永久:

特に注力したのは、iPhoneやAndroid™ 搭載のスマートフォンなど、パソコン以外のデバイスへの対応です。ソフトバンクグループのみならず、昨今、パソコン以外にもスマートフォンやタブレット端末を業務に活用する企業が増えています。「クリアベイル」は、利用するデバイスに合わせて画面が最適化されるため、特に外出の多い営業の社員にとっては、外出時の空き時間も有効に活用できます。
スマートフォンやタブレット端末といった、モバイル端末への親和性が高いことにより、使い勝手がよいことも「クリアベイル」の利点です。すでにiPhone向けのアプリが提供されており、年内にはiPad向けにも提供を開始する予定です。

ビジネスニーズに合わせた機能の拡張

インタビュアー:
「クリアベイル」の今後の展望について教えてください。
永久:

「ホワイトクラウド」はソフトバンクテレコムの強みを生かしたクラウドサービスです。そして「クリアベイル」は、「ホワイトクラウド」のサービスのひとつとして、これから力を入れていく分野です。すでにソフトバンクグループでは、業務のさまざまな局面で、クラウド環境のよさを享受していますが、今後もより多くの人々にクラウドサービスの利点を体感いただきたいです。そして「クリアベイル」を、ぜひビジネスにご活用いただければ幸いです。

(掲載日:2011年12月5日)

[注]
  • *iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *Android™ は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • *「Twitter」は、Twitter, Inc.の登録商標です。
  • *FacebookはFacebook, Inc.の商標または登録商標です。
  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。