ソフトバンクNOW 2005年

“目指すは、世界一”
福岡ドームで福岡ソフトバンクホークス誕生の
ファンイベントが開催されました

1月30日、福岡ドーム(福岡市中央区)で福岡ソフトバンクホークス誕生のファンイベント「The First Reception 2005」が開催されました。

アジアで初めての開閉式屋根を持つ福岡ドームのグラウンドには、この日発表の新しいユニフォームをまとったソフトバンクホークスの選手たちがずらりと整列。中央に立った孫社長と王監督兼ゼネラルマネージャーより、「目指すは、世界一。皆様に心から応援していただけるよう、今シーズンも全力を挙げてがんばりたいと思います」とメッセージが発表されると、満席となった観客席のファンの皆様から盛大な拍手が起こりました。

今シーズンから新しく入団が決まった選手の紹介や、ドラフト新入団の6人の選手が挑戦するストラックアウト(1〜9までの数字が並んだパネルにボールを投げて的を落とすゲーム)など、約2時間のイベントは大盛況のうちに進行。最終セレモニーでは、新しい応援歌の合唱とともに黄色いジェット風船が観客席より一斉に飛ばされ、ドーム内はチームカラーであるレボリューションイエロー一色に染まりました。

また、本イベントにご参加いただいた皆様からの 入場料、および入場者の皆様からのご有志による義援募金の総額に、孫社長からの同額の義援金を合わせた33,377,620 円を、10月に発生した新潟中越地震被災地、ならびに12月に発生したインドネシア・スマトラ沖地震および大津波被災地への支援として寄付させていただきました。

(掲載日:2005年2月1日)

  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。