ソフトバンクNOW 2005年

日本テレコム
法人向けサービスブランド「ULTINA」発表

2005年12月2日、ソフトバンクグループの固定通信事業を担う日本テレコム株式会社(以下日本テレコム)は、ブロードバンド時代の次世代ユビキタスネットワーキングとコンテンツ・アプリケーションの統合化提供へ向け、次世代ICT*1プラットフォームサービス構想「IRIS」を提案し、この構想を具現化した法人向けサービスの第一弾として「ULTINA On Demand Platform」 KeyPlatを提供することを発表しました。

通信事業者として日本で初めて、次世代向けICTプラットフォームサービスを提言


弓削哲也日本テレコム
専務執行役CTO

ブロードバンド通信が社会に浸透しユビキタス社会へ進化する現代においては、ネットワーク利用ニーズは多様化・複雑化しています。回線のみのコネクティビティ確保型から、コンピューティングパワーを包括したより高機能サービスネットワーク融合型へと移行しており、ビジネスに必要なリソース機能をブロードバンドネットワークに求める方向へ動き始めています。

日本テレコムでは、このようなニーズに対応するため、サービス(もしくは機能)とネットワークを融合させることで、より高度で簡易にあらゆるリクエストに応える「ICTプラットフォーム」構想を提言し、通信事業者として日本で初めて、「コンテンツ・アプリケーションなどのサービス」と「高品質・高機能ネットワーク」を融合したSNC (Service Network Convergence)とユビキタス・ブロードバンドインフラの実現を目指して参ります。

ITインフラからアプリケーション・コンテンツまでを一体化して提供
「ULTINA On Demand Platform」 KeyPlat


安川新一郎日本テレコム
インターネット事業部長

日本テレコムは、このICTプラットフォームサービス構想を具現化したサービスの第一弾として、「ULTINA On Demand Platform」 KeyPlat を法人のお客様向けに提供いたします。

このサービスでは、日本テレコムの設備側でお客様のビジネスに必要なネットワークインフラと機能をプラットフォームとして用意し、機器やソフトウェアなども常にプラットフォーム側でマネージメントするほか、アプリケーションとネットワーク・サービスを統合的に提供するため、従来、ユーザーが個別に構築・調達していたITインフラやアプリケーション・コンテンツなどを、一体化したサービスとしてご提供することができます。このため、Webサイト構築までの期間が短縮され、迅速なビジネス展開が可能となるので、ユーザー側の事業リスクの最小化が実現できます。

また、グリッドコンピューティング技術を活用してWebサイトに関わる各種リソースをオンデマンドでご利用いただくことができるため、稼働している各アプリケーションの使用状況に応じたリソース使用量の動的制御が可能です。これにより、利用したコンピュータリソースに応じたユーティリティ課金となるので、お客様のコスト削減につながり、繁忙期と閑散期の差が激しいサイトや、リソース使用量の予測ができないサイトを運用する場合には最適なサービスです。
日本テレコムは、今後、多様な機能をネットワークで実現する「ICTプラットフォームサービス」を主軸サービスとして位置づけ、ネットワークインフラとその運用技術とを一体化してサービスを提供することができるという通信事業者としての強みをもって、他のパートナー企業との提携を通じてサービス開発提供していくことで、ICTソリューションカンパニーとしてお客様のビジネスをサポートして参ります。

このサービスはすでにICT先端企業3社でご利用いただいており、正式提供開始は、2006年1月を予定しております。

「ULTINA」(アルティナ)ブランドの目指すもの


ULTINAサービスラインナップ

「ULTINA」は、Ultimate Networking Architectureの造語で、日本テレコムのICTプラットフォームサービスのブランド名です。

Ultimate(アルティミット、アルティメット)は、形容詞として 1)「最高の、究極の」 2)「これ以上細分化できない、根本的な、本源的な」、名詞として「最終結論」「根本原理」という意味があります。
「最高の、究極の」ネットワークを介して、お客様からの「根本の、本質的な」ご要求に真摯に対応することで、ベストな「最終的な結論」を導き出し、それを提供していきたいという日本テレコムの考え方と、そのための社会インフラ(=Networking Architecture)としてサービスを位置づけようとするコンセプトのもと、本ブランドが誕生しました。

今後法人向けの主要サービスとして提供する「ICTプラットフォームサービス」に関わる全てのプロダクトは、「ULTINA」(アルティナ)という新ブランド名称で提供して参ります。

(掲載日:2005年12月16日)

[注]
  • *1ICT Information and Communication Technologyの略。
  • *ULTINAについて詳しくはこちらからご覧いただけます。
  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。