ソフトバンクNOW 2007年

インターネットで雑誌や書籍・絵本を自由に閲覧電子ブック図書館「Flib(フリブ)」オープン

イーブック・システムズ株式会社は、1月19日に記者説明会を行い、電子ブック図書館「Flib(フリブ)」のサービス提供開始を発表しました。

「Flib」は、同社が提供する電子ブック「FlipBook(フリップブック)」形式で制作された雑誌や書籍などのデジタルコンテンツを集めたインターネット上の図書館です。音楽や映像を組み合わせた豊かな表現形態を持つ次世代のマルチメディア・コンテンツ「FlipBook」を、これまで以上に便利で簡単にご利用いただけます。

「FlipBook」は、「ページをめくる」「ページをつまむ」といった紙媒体に近い操作性に加え、音楽や動画・リンクなどウェブならではの表現も可能にする画期的なインターフェースが特徴の電子ブックです。日本ではイーブック・システムズによって2004年に導入され、マルチメディア絵本「おはなし絵本クラブ」、無料マルチメディア雑誌「Manyo-万葉-」や企業パンフレット、商材カタログ等での利用が進められてきました。
「Flib」サービスでは当初、各種雑誌・小説・絵本など約80冊を提供し、その全てを無料で閲覧いただくことができます。1年以内には300冊まで増やし、今後コンテンツを拡充していく予定です。

閲覧には専用の無料ソフトウェア「FlipViewer(フリップビューア)」をパソコンにインストールする必要がありますが、マイクロソフト株式会社とPCメーカー数社の協力により、このたび各社より発売された 「Microsoft® Windows Vista™」パソコンの一部にプリインストールまたはバンドルされました。これらのパソコンには「Flib用ガジェット*1」が搭載され、簡単に「Flib」 にアクセスできるなど、より多くの人にご利用いただける環境が整いました。

ぜひ 「Flib」 にアクセスし、新しい電子ブックの世界を体験ください。

(掲載日:2007年2月20日)

[注]
  • *1Flib用ガジェット:Microsoft® Windows Vista™の新機能の一つであるアクティブなショートカットアイコン。インターネットからリアルタイムで新しい情報 (例えば 「FlipBook」 の新刊情報) を取得し、ガジェットに表示する。
  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。