ソフトバンクNOW 2010年

ソフトバンクモバイルがサイボウズと
中小企業の生産性向上のため業務提携

ソフトバンクモバイル株式会社(以下、ソフトバンクモバイル)が、WEBベースのグループウエア製品を中心に、企業向けソフトウエアを提供するサイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)と中小企業の生産性向上を目指した業務提携を行うことで合意し、2010年4月22日、共同記者会見を行いました。今回の業務提携は、サイボウズの中小企業向けSaaSサービス「かんたんSaaS」の全アプリケーションを、iPhone™などのタッチデバイスに対応させることで、両社が協業し中小企業の業務の効率化を提案していくものです。

中小企業の生産性向上に寄与

サイボウズは、情報共有を促進するための、企業向けグループウエアの開発ライセンス販売を行う企業で、これまで顧客満足度、シェアともに高い実績を上げてきました。今回は中小企業へのより一層の浸透を目指し、中小企業向けの業種特化型のアプリケーションを数多くそろえた「かんたんSaaS」のユーザインターフェイスを、パソコンだけでなくiPhoneなどのタッチデバイスでも最適に表示できるように改良を行いました。

「かんたんSaaS」とは、社員名簿から顧客台帳、売上げ管理や商談報告書などの業務用ソフトウエアをインターネット経由で提供するサービスですが、サイボウズの青野 慶久社長は「中小企業では“パソコンの前に座っている時間がほとんどない社員が多い”などの理由から、『かんたんSaaS』をiPhone向けに改良することで、中小企業の経営者や社員が出先でiPhoneを使用することにより、意思決定の迅速化や残業時間の短縮などで業務の効率化を図れる」と、その有効性について説明しています。

今回の業務提携は、iPhoneの法人向け販売を推進するソフトバンクモバイルと共同で販売促進を行うことで、互いの強みを活かしながら中小企業の生産性向上に寄与することを目指しています。

ソフトバンクモバイル 執行役員 商品統括 プロダクト・マーケティング本部 副本部長 兼 プロダクト・サービス本部 副本部長の安川 新一郎は、「これまでもiPhoneをさまざまな企業に導入してきたが、移動時間内でのメール処理などが残業時間の短縮につながり、コスト削減などの大きな成果を上げてきた。今回の提携をさらなる販路拡大につなげたい」と期待を寄せています。

ソフトバンクモバイルとサイボウズは、この取り組みを通して、中小企業の生産性向上のため努力してまいります。

(掲載日:2010年5月14日)

[注]
  • *iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。