ソフトバンクNOW 2010年

ソフトバンクグループが
「クラウドコンピューティングEXPO」に出展
「ホワイトクラウド」向け新サービスメニューを公開

ソフトバンクグループは、国内初のクラウドコンピューティングの展示会である「クラウドコンピューティングEXPO」に出展しました。
その模様をリポートします。

ご好評いただいた「ホワイトクラウド」展示ブース

クラウドコンピューティングは、インターネットに接続できる環境があれば、メールやスケジュール帳、データの保存など業務上必要な機能を、ネットワーク経由で利用できるサービスです。必要な機能はすべてインターネット上にあるため、利用者側のパソコンには、ソフトウエアのインストールやデータ保存の必要がなく、企業にとっては自らITシステムを持つよりも、コスト削減や運用管理負担軽減、セキュリティ向上など多くのメリットがあります。また、スマートフォンをはじめとする携帯電話端末や無線LANなどの普及に伴い、時間や場所を選ばずにサービスを利用できる環境が整ったことから、企業や個人向けに多くのクラウドコンピューティングサービスが登場し急速に普及が進んでいます。

そのクラウドコンピューティングの国内初の展示会、「第1回 クラウドコンピューティングEXPO」(主催:リード エグジビション ジャパン株式会社)が2010年5月12日から3日間、東京都江東区にある「東京ビッグサイト」にて開催され、ソフトバンクグループからは、企業向けクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」を提供しているソフトバンクテレコム株式会社をはじめ、ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社(以下、ソフトバンクグループ通信3社)が共同で出展いたしました。

「ホワイトクラウド」は、ソフトバンクグループの持つネットワークインフラ、データセンター、ソフトウエア流通サービス、通信の各事業で積み重ねて来た実績や、経験豊富なサポート体制などを結集し、お客様のあらゆるニーズにお応えするクラウドコンピューティングサービスです。2010年2月に一部のサービスを開始して以来、多くのお客様にご好評をいただいていますが、会場でも企業の総務や情報システム関係のご担当者様を中心に、多くのお客様が熱心に係員の説明に耳を傾けていらっしゃいました。またブースには5月11日に発表されたばかりの、共有型の仮想サーバサービス「シェアードHaaSプレミアム」のほかに、ネットワーク経由でデスクトップの画像を配信するシンクライアント型サービス「デスクトップサービス」や、スマートフォンを活用した運行管理者向けの「テレマティクスサービス」、また既存のITの概念にとらわれない決済サービス「決済アダプター」や、「コンタクトセンターサービス」など、「ホワイトクラウド」の新サービスメニューを紹介し、多くの反響をいただきました。

ビジネスコミュニケーション革命を起こす

初日の12日には、ソフトバンクグループ通信3社 代表取締役副社長 兼 COOの宮内 謙より「クラウドコンピューティングとiPhone™活用によるビジネス・マーケティング革新」と題した講演を行いました。宮内はこれまでのITテクノロジーの進化に触れ、「今“ICTルネッサンス”が起こっています。スマートフォンを使うこと自体が、クラウドコンピューティングやバーチャルな環境を体験しているのです。さらにSNSやサーチエンジン、Twitterなどのオープンでリアルタイムなものに触れ、まさにユーザ視点の情報革命が起こっています」と述べました。そして「ホワイトクラウド」や「iPhone」などの最新のITテクノロジーを駆使した近い将来のビジネス像について説明し、「通信は使う人が増えるほど価値が上がります。顧客のオープンな声と声、生情報のリアルタイムなやりとり、人と人とのソーシャルなつながりが深まり知識が共有されると、感動が起こります。そういう世界がどんどん起こっていきます」とビジネスの世界でもコミュニケーション革命が起こりつつあることを説明し、講演を締めくくりました。

今回の出展を担当したソフトバンクテレコム 営業推進本部 マーケティングプロモーション部 部長の中村 拓博は、次のように述べています。「この3日間、ソフトバンクグループの展示ブースには、たいへん多くのお客様のご来場を賜りました。初日の宮内の講演には1,000名の募集に対し5,500名もの応募があったとうかがっており、急遽サテライト会場を4つもご用意いただくほどの反響がございました。『ホワイトクラウド』『iPhone』をはじめとした弊社の最新サービスにご興味をいただきまして、厚く御礼申し上げます」

ソフトバンクグループでは、「ホワイトクラウド」を中心としたクラウドコンピューティングにますます注力し、「iPhone」をはじめとした携帯電話端末との連携をさらに推し進め、お客様のビジネス環境の革新や業務効率の向上に貢献してまいります。どうぞご期待ください。

(掲載日:2010年5月19日)

  • *iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。