ソフトバンクNOW 2010年

2010年夏 新商品記者発表会
「SoftBank 2010 Summer」

5月18日(火)、ソフトバンクモバイル株式会社(以下、ソフトバンクモバイル)は、2010年夏商戦向け新商品発表会「SoftBank 2010 Summer」を開催し、20機種56色(ウォルト・ディズニージャパン株式会社との協業によるディズニー・モバイル「DM006SH」を含む)を発表しました。発表会当日は、ライブ中継配信サービスUstreamなどを使って会場の模様をライブ中継するとともに、会場内スクリーンに「#softbank」のハッシュタグを含むつぶやきをリアルタイムで表示*1。さらに発表会後半では、それらの中からピックアップしたつぶやきに対し、ソフトバンクグループ代表 孫 正義がコメントするという「双方向型発表会」となりました。

テーマは「Twitter」

「発表会を始めます。」という孫のつぶやきを画面に表示し、開会宣言として始まったソフトバンクモバイル新商品発表会「SoftBank 2010 Summer」。このTwitterこそが、今回の発表会のテーマです。

Twitterをテーマにした意図は、Twitterがコミュニケーションツールとして持つ大きな魅力にあります。実際に日常でも頻繁にTwitterを利用しているソフトバンクグループ代表 孫 正義は、発表会の冒頭にて、「Twitterを始めて以来、私のライフスタイルは変わりました。一度も会ったこともない人々と、お互いの脳がつながり合うような、不思議で素敵な体験をしています。この感動を一人でも多くの人に伝えたい」と、Twitterへの情熱を語りました。

続いて、孫が説明したTwitterの利用動向は、世界的にTwitterを利用している人のほとんどはパソコンからアクセスし、日本でも過半数がパソコンによるもの。携帯電話ユーザのTwitter利用率は、わずか3%です。一方、iPhone™でのTwitter利用率は非常に高く、iPhoneをご利用いただいているお客様の28%の方がTwitterを利用されているというのが現状です*2。そこでソフトバンクモバイルでは、2010年夏商戦向け新商品では一般の携帯電話でも手軽にTwitterが利用できる仕組みを作り、モバイルコミュニケーション革命を起こすことを提案しました。一般の携帯電話でTwitterを楽しむためのツールとして、Twitter用のモバイルウィジェットやS!アプリの提供を開始します。お客様には、待受画面にプリインストールされた「Twitterウィジェット」や「TweetMe for S!アプリ」を活用して簡単につぶやいていただけるほか、Twitter初心者でも有名人のつぶやきなどが簡単に検索できるモバイルウィジェット「twinavi」もご利用いただけます。

この発表にともない、発表会には、米国Twitter社でモバイル事業を統括するケビン・サー氏が登壇しました。サー氏は、「携帯電話の通信キャリアが、このようにTwitterと連携するのは初めてのことです。世界中のトレンドの始まりだと思います」と述べ、孫と握手を交わしました。さらに、サンフランシスコのTwitter本社とUstreamを使った中継で、同社のエヴァン・ウィリアムズCEOが登場し、「Twitterのサービスは、世界中で成長していますが、特に日本で強い成長を見せています。日本は我々にとって大きな市場になりつつあります」という言葉が会場に届きました。

14機種がTwitter対応、1,210万画素カメラ、ガンプラケータイも!

2010年夏商戦向け新商品は、20機種56色です。そのうち14機種が、上述のTwitter関連サービスに対応した「Twitterケータイ」です。また搭載機能も、タッチメモリ液晶の防水ケータイ「mirumo2 SoftBank 944SH」(シャープ製)、防水1,316万画素カメラを搭載したVIERAケータイ「SoftBank 942P」(パナソニック モバイル コミュニケーションズ製)、CCD1,210万画素カメラを搭載した、世界初*3のWi-Fi対応ハイビジョン防水ケータイ「AQUOS SHOT SoftBank 945SH」(シャープ製)と多種多様です。さらに「945SH」は、電話機本体とシャープから発売されている液晶テレビAQUOSを別売りの専用ケーブルで接続すれば、撮影した写真や高画質動画を再生することもできます。浴衣姿で登場したゲストの上戸 彩さんは、AQUOSで再生された「945SH」の撮影動画を見て、「大画面で見るとテンションが上がりますね。私はこの機種に変えます!」と、お気に召した様子でした。

新機種はこのほか、ソーラー防水の「SoftBank 842SH(シャープ製)、かんたん携帯の「SoftBank 843SH」(シャープ製)と「SoftBank 840Z」(ZTE製)、ディズニー・モバイル「DM006SH」(シャープ製)など、あらゆるニーズにお応えするラインアップとなっています。

さらに、人気アニメーション「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション第2弾として、ガンダムのプラモデル“ガンプラ”30周年を記念した、ガンプラケータイ「945SH G Ver.GP30th」(シャープ製)を発売します。ガンダムの世界観を表現した機種に、他では入手できないオリジナルガンプラと、専用充電ベースを同梱。そしてファンも思わずうなってしまうようなコンテンツが、満載される予定です。発表会では、ガンダム好きで有名な、お笑い芸人の土田 晃之さん、ガンダムの主人公アムロ・レイのモノマネを得意とする若井 おさむさんが、ガンプラケータイの魅力を説明しました。なお本機種は、店頭およびソフトバンクオンラインショップにて、5月19日(水)より数量限定で予約受付を開始しています。

音声機種以外では、ソニー製のデジタルフォトフレーム「Photo Vision DPF-NS70」、3G一体型のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi SoftBank C01HW」(Huawei製)、外出中でもペットなどの様子が見守れる通信機能付き「みまもりカメラ SoftBank Z001/Z002」(ZTE製)なども新商品として発表しました。

Wi-Fiを日本中に、Ustreamをアジア各国へ

発表会に先立つ5月17日(月)、ソフトバンクモバイルは、全国のスターバックス コーヒー店舗内において、ソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を6月1日(火)より開始することを発表しました。孫は発表会の席で改めて本件を告知した上で、「昨日、Twitterで『スタバもいいけど、ファミレスにWi-Fiを!』というお客様のご要望をいただきました。そこで…、できました」と、ファミリーレストランを含む約60の企業が、新たにWi-Fiスポットに追加されることを発表しました。現在の公衆アクセスポイントは、18,000カ所を超え、今後も順次拡大する予定です。

そして孫は、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)とUstream社の合弁会社「USTREAM Asia株式会社」(以下、USTREAM Asia)の設立を発表しました。ソフトバンクは本年2月にUstream社に資本参加し、日本語サービスの提供を開始。現在、都内各地でUSTREAMスタジオの開設を進めています。Ustreamの利用者数は、2010年4月末時点で、1億人を突破しました*4。USTREAM Asiaは、まず日本での事業展開を本格化させ、その後のアジア各国での事業拡大に取り組みます。登壇した米Ustream社のジョン・ハムCEOは、「ソフトバンクと連携、協力することに、非常にわくわくしています」と、今後の展開に期待を寄せました。

最後に「誰でも手軽にライブ動画を配信・視聴できるという革新的なサービスがUstreamであり、文字を中心にした双方向のコミュニケーションで、喜び、幸せ、知恵と知識を世界中の人々と共有できるツールがTwitterだと思います。このコミュニケーション革命をソフトバンクはさらに進めていきたい」と孫は、TwitterやUstreamを駆使して新たな展開を起こすことへの抱負を述べ、発表会は幕を閉じました。

事業を通じて人類と社会の発展に貢献し、新しいライフスタイルを創造し続けるソフトバンクグループに、どうぞご期待ください。

(掲載日:2010年6月10日)

[注]
  • *1当日8時15分から発表会終了までの間に寄せられたつぶやきの数は、4万7000件以上に達しました。
  • *22010年5月、ソフトバンクモバイル調べ。
  • *32010年5月18日。ROA社調べ。
  • *4Ustream,Incの会社資料を基にソフトバンクモバイルが作成した資料より。
  • *発表会見の模様は、ソフトバンクモバイルWEBサイト上からオンデマンド配信でご覧いただけます(上映時間約1時間33分)。
  • *Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • *iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *「Twitter」は、Twitter, Inc.の登録商標です。
  • *モバイルウィジェット、S!アプリは、ソフトバンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。
  • *mirumo、みまもりカメラ、モバイルウィジェット、Photo Visionはソフトバンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。
  • *その他、記載されている会社名および製品名(商品・サービス名)は、各社の商標または登録商標です。
  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。